2005年11月25日

お蕎麦

仕事。
今日1日かけて、ようやく残り2つのうち1つの
問題が9割ほど解決しました。
明日、詰めの作業をやる予定です。
ライブラリの入れ換えもやらないといけないので、
ちと急がなくては…。


株。
おお、コフコが上がっている…。
またもや買いそびれました…。

なんだかんだいいながら、少しずつ上がってきてますよね。
建設銀行IPOでの需給悪化の時が、やはり買い場だった
のですかね。
よく言われることですが、あとになってからこういうのは
はっきりと分かるもんですねぇ。


銘柄検索。
1827 ナカノフドー建設 338円 AA
6641 日新電機 549円 AB

11/18 -> 11/24
5713 住友金属鉱山 1155円 -> 1206円
7248 カルソニック 722円 -> 733円

おお、一応、どちらともプラスではありませんか…。


中国語。
西装(xi zhuang スーツ)
tuo xie(tuo xie スリッパ)
脱下(tuo xia 脱ぐ)
換 tuo xie(huan tuo xie 靴を替える)
便装(bian zhuang 私服)


とある知り合いが南アフリカに一ヶ月ほど出張していて、
現在ブログを書いていると聞いたので、早速見に行きました。
どんなところか想像もつかなかったけど(治安は悪いらしい)
掲載された画像や文章をみる限り綺麗なお店もいっぱい
ありそうで、楽しくやっているように見えましたね。
しかし、こうやって個人が簡単に情報発信できるので、
便利な時代になったなぁ、とつくづく思いましたね。

ちなみに私は平日は家と会社の往復しかしてないので、
ネタが既にきれてます…。
あ、そうだ。
最近は味千ラーメンによく行ってます。
なぜかというと、そこの野菜炒め(16元)を食べるためです。
野菜が足りないなぁと思っていたのですが、多少ここで
補えそうです。
ただ、塩分も多そうですが…。
美味しいお蕎麦とお寿司が食いたいですね。
特にお蕎麦はとんと食べなくなりましたね…。
といいつつ、今日、久しぶりにお昼に月見蕎麦を食べました。
こちらではじめての蕎麦かもしんない…。
味はかなりイマイチでしたねぇ…。
これなら富士蕎麦の方が全然マシですね。
【関連する記事】
posted by コバヤシ at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

ブッダ

仕事。
今日、ようやく懸念事項の問題が1つ解決しました。
残るはあと2つといったところでしょうか。
頑張るべ。


株。
お、万科が上げてますね。
動産株がここ最近は好調ですよね。
もっといろいろ買っておけばよかったなぁ、
とかつい思ってしまいますねぇ。


ブッダ。
今日、晩御飯を食べているときに、近くにあった手塚治虫の
「ブッダ」(6巻)を読んでみました。
初めて読むのですが、読んでいるうちにぐいぐいと
話に引き込まれてしまいました。
6巻ではアナンダという人物が登場するのですが、アナンダと
ブッダが一体どういう形でぶつかるのかが、すごく気になって
黙々と読んでしまいましたね。

また、ブッダのメッセージであると思われる、人間は欲深い
生き物のだけど欲もほどほどにね、といったものにも少し
考えさせられましたねぇ。
最近は、株で儲けることばかり考えていますからねぇ…。

最終的には、いくらお金をもっていてもしょうがないわけで、
行くつくところは人に喜んでもらって、自分もそこから
喜びを得られるような、いわばWIN−WINの形ですよね。
そういうのをきちんと目指していきたいですね。


中国語。
マーファンニーラ、再来一点(すみません、(お茶を)ついで下さい)
也没guan系(かまいませんか?)
各zhong各yang(いろいろ)
改天去heba(別の日に行って飲みましょう)
冬天(ふゆ)
夏天(なつ)
寒jia(冬休み)
暑jia(夏休み)
chuan ti xu (Tシャツを着る)
学校的規定(xue xiao de goi ding 校則)
posted by コバヤシ at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

徹夜

仕事。
昨日は徹夜で作業でした…。
もうフラフラでしたよ…。
早朝に一回帰宅して少し休んで
お昼にまた会社へといきました。

今日の午後からは、とある部分を作成していたのですが、
かなり集中してやれましたね。
徹夜をしたばかりにも関わらず、疲れを感じることもなく
どんどんやれましたね。
いやぁ、いつもこういう感じでやりたいもんですね!

おかげで、だいぶ形になりましたね。
いくつかあった問題も、だいぶ解消されて商品レベルが
格段に上がったのではないでしょうか。


株。
うむぅ、さすがに下げてますねぇ。
帰宅してからは、「億の近道」で先日検索した銘柄の
株価をチェックしてみました。
そしたら、1つは+8%ぐらいあげてましたね。
もう1つは、+0.6%ぐらいなので、変わらずといった
感じでしょうか。

しかし、1つ問題に気づきました。
どちらとも単位株が1000株なので、100万円近い
軍資金が必要になるようです…。
ちょっとこの金額は用意できないですね…。
もっとエントリー価格が安い銘柄を選ばなければ…。

今日もまた銘柄検索をしてみました。
そうしたら、かなりの数の銘柄が出てきました。
時間がないので詳細は調べていませんが、毎日チェックしていれば、
その内、エントリー価格でも丁度いい銘柄がでてくるような気がしましたね。

あれ、サムソン電子が−5%ほど下げていますね…。
なんででしょうね…。
ちと気になりますねぇ。


ふと思ったのですが、仕事を一生懸命やるのはいいですが、
今作っているのは、言わばコモディティ商品ですから、
利益という面からは、あんましよくないですね。

仕事を通して技術なり組織の力学なりを学べるから
いいのですけれども、儲けがでないと還元されるものが
ないですからね。
ない袖は触れないですからねぇ。

まぁ、そこの不満点は自分のお金に働いてもらって
解決するしか術はなさそうですね…。


現地スタッフの働き振りを見ている限りでは、教育次第で
どうにでもなるなぁ、という印象をもちますね。
これは、やっぱ脅威ですよ。
同じようなアウトプットでコストが安いなら、
日本から仕事が流れて当然ですな。
まぁ、まだ、同じようなアウトプットは望めないでしょうけど、
時間の問題ではありますよね。
うかうかしてられませんね。

5年もしたらだいぶ変わるのではないでしょうかね。

あ、そうだ。
国全体でみれば、30年ほど昔の日本だ、というのが
通説になっているような気がします。
私はこれを聞いて、確かにそれぐらいかもなぁ、と思いましたね。
今年は2005年ですから、30年前は1975年になりますね。
その頃と比較するといいのかもしれませんね。
あれ?、オイルショックは1973年ですから、最近の原油高を
考えると、なんか丁度時期的にもあってるかもしれませんね。
サイクルが丁度いいというかね。
posted by コバヤシ at 03:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

書く力

仕事。
今日も休日出勤をしてきました。
とある問題が、おしいところこまできましたね。
明日には解決するかもしれません。


読書。
「原稿用紙10枚を書く力」(斉藤孝)を少し読みました。

文章を書くことで、考える力が鍛えられるようですね。
日記をつけることで考える力が多少養えるとは思っていたのですが、
それは間違いではなさそうですね。

ただ、この本で扱っている書く力とは、日記のようなプライベートな
軽い内容ではなくて、もっと公共性がある文章を書く力のことですね。
これは、原稿用紙を10枚を書けるぐらいの力のことを言うようでして、
ブログで適当な文章を書いていても、ここで取上げてあるような
「書く力」は身につけられなさそうでしたねぇ…。

個人的には、”「書く」ことは、構築することだ”と書いて
ありましたが、この部分にインパクトを受けましたね。

書くという行為の前には、どうやら構想する段階が必要なようですね。
思いついたものをフィーリングですらすら書いていくというイメージは
どうやら間違いのようです。
で、これは、プログラミングにも通じるなぁ、と思いましたね。
両者とも、考えを書き出すという点では同じ行為ですからね。

実は、私は近年になってようやく、プログラムを組む前にきちんと
構想した方が断然いいということが実感できました。
ちょっと気づくのが遅いよなぁとか思ったりもするのですが、
まぁ、今後は極力、最初に構想というか設計をやってコーディングに
取り組みたいと思います。
構想したものを書き写す、というノリでやりたいですね。


あと以下の記述をみて、かなりの気づきを得られましたね。

>書く力がついてくると、書く量を増やすことが面白くなる。
>この循環に入った人は、書いたことのない人とは格段の
>差がでてくる。

できる人との違いはここか!、と思いました。
プログラムについてですが、自分は基本的な書く力が不十分だから、
量をこなすことが面白く感じないのでしょうね。
まずは、この基本的な書く力を身につけるところを
再度きっちりと取り組むべきですね。
ここの認識が不十分でした…。
#でも、最近はようやく書く力が一定のレベルになってきたとは思いますが…。


>十キロ走ることがどういうものかわかって走る場合と、そうでない場合とでは
>精神の疲労が違う。
>十キロ走ったことがない人は、「いったい、いつゴールがくるんだ」という
>不安と闘いつづけなければならない。

そういえば、仕事でとある新要素の開発に取り組むたびに、結構な嫌悪感を
感じてしまうのですが、それは、こういった心理状況と同じだなぁ、と
思いましたね。
やったことがない部分は、終わりが見えないから、どうしても不安と闘い
つつやらないといけないですからね。

これを避けるためには、そういうもんだという認識をもつととともに、
とにかくどんどん挑戦して、引出しを増やしていけばいいのだと思います。
新しい案件があっても、既存の引出しの組み合わせで8割がた片付けられる
ならば、きっと精神的な不安は少ないでしょうね。
まだまだ自分は引出しが少ないということでしょうね。

よし、もっと頑張ろうっと。


中国語。
除了(chule 以外に)
記得(jide 覚えている)
毎次(毎回)
其他地方(gitadifan 他の地方)
記念品(jinianpin きねんひん)


CSM。
久しぶりにちょっとプログラムをいじりました。
一段落するまで、まだ時間がかかりそうです…。
posted by コバヤシ at 01:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

億の近道

仕事。
休日出勤してきました。
問題が3,4つほどあるのですが、今日は1つ解決しました。
残りは分担しながらクリアしていく予定ですね。

しかし、予想通り問題がいくつかでてきましたね。
ソフト開発では、何かを作成すると、絶対、何かしらの
問題が発生して時間を食うので、余裕をもったスケジュールで
やらないといけませんねぇ。
ちょっと前倒しなくらいで丁度いいか、それでも
ちょっと遅れるぐらいですからね。
経験上ね。


「億の近道」のソフトをインストールしました。
早速、銘柄検索をしたのですが、評価が高くて、
かつ、東証1部の銘柄だと、以下の2つがありました。

AB 順張り 5713 住友金属鉱山 1155円
AC 買い転換 7248 カルソニック 722円

今後の株価がどうなるかをチェックしていきたいですね。
しばらくチェックしてうまくいきそうなら、実際に
試してみたいですね。

ソフトを使ってみた感想ですが、意外と機能が少ない気がしましたね。
もっといろんな機能があると思っていたのですが、かなりポイントを
絞って作成されたソフトのような気がします。
これが30万円もするのか…、と思ってしまいました…。
まぁ、チャート診断のアリゴリズムに、かなりのノウハウが
あるのでしょうけどね。

infoseekの株価チャートは、フィスコが作成しているのですかね。
で、「究極のテクニカル分析」という本は、フィスコの人が
書いた本のようですね。

チャートをもうちょい勉強して、中国株などにも生かしていきたいですね。
無駄に高く買わないようにしたいです。

でも、株を始めた頃と比べるとだいぶマシになりましたね。
しばらく前に買った銘柄は3つほどあったのですが、
どれも押し目買いといった感じでうまく買えた気がしますしね。
posted by コバヤシ at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

労働力

仕事。
今日もかなり働きました。
働きすぎですね。
まじで。
過剰な労働力を会社に思う存分提供しております…。
給料以上の労働力を会社に搾取されまくってますね。
なんつって。
でも、今やっている部分はなかなかやりがいが
あるので、悪くはないですが。

しかーし、座りっぱなしで体が痛いのでそれがいただけません…。
あと、仕事以外に何かをする時間がありません。
例えば、読書とかをもっとしたいのですが、そういう
時間はまずありませんね…。
あと、食事の質がどうしても悪くなるので、それもいけませんね。
さらにいうと、運動をする時間がないのもよろしくないです…。

とりあえず、帰宅したら軽く体を動かして、とっとと寝たいと思います。
そして目の前の締め切りを乗り越えたいと思います。


株。
まちまちですかね。
まぁ、最近はなんかどうでもいいですね…。
とくにやることはありませんので。

テクニカルを少し挑戦してみたいですね。
しかーし、忙しくて取り組む時間がないので、
ちょっと無理かなぁ…。


中国語。
上海到南京途中有A和B(上海から南京の途中に、AとBがあります)
我ting説〇(〇を聞きました)
更貴(さらに高い)
試一下(試す)
特快(tekuai 特急列車)
普快(pu kuai 普通列車)
posted by コバヤシ at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

クリティカル

仕事。
だいぶ形になってきました。
素晴らしい。
かなり良い仕事をした気分です。
クリティカルな部分をうまく作れたといった感じでしょうか。
これで一気に完成形が見えてきましたね。

株。
円安が進んでいるのもあって、含み益が少しずつ増えてきましたね。
ここらヘンで、一旦利益確定をしてしまうのもいいなぁ、なんて
ふと思ったりもしましたね…。
まぁ、できないでしょうけどね…。

中国語。
時間到了(時間になった)
yang澄湖(yang cheng hu 上海蟹の名産地)
基地(jidi)
A he B ni xi huang na ge.(AとBのどちらが好きですか?)
pai zhao(写真を撮る)
posted by コバヤシ at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

合流

会社の知人がツアーでこちらにきていて、
今日がフリーの日なので、夜に彼らと合流して
晩御飯を食べました。
最近は忙しいので、まる1日付き合えないのが
残念でしたが、晩御飯をたべながらあれこれと
話ができて良かったですね。

仕事。
カベは、ほぼ突破できたもようです。
まだ目先ナゾな部分がいくつかありますが、
明日にはだいぶ形になりそうです。

株。
CSMでの株価データのダウンロードがうまくいかないようですね…。
昨日の値が取得されてしまいますね…。

読書。
先日、
月100万円儲ける! 「株」チャートパターン投資術 1年で1500万稼ぐサラリーマントレーダーが教える!
を読了しました。
理論的にすごく納得がいくことが書いてありましたね。

まず、損益の比率を1:2に設定することで、勝率が5割でも
一応プラスにはなるみたいですね。
さらに、チャートパターンを使用することで、勝率を6,7割に
もっていけるから、それでさらに利益を伸ばせますよ、
といったことが書いてありましたね。

結局、確率の問題になるのかなぁ、と思いましたね。
あとは、ルール通りにやれるかどうかの心理的な面も
絡んでくるって感じでしょうか。

チャート系の本はいくつか買ってさらっと見たことはあるのですが、
この本はすごく読みやすくて、いい感じで内容がまとまっていましたね。
なかなかいいんじゃないでしょうか。

STAKさんもこういう感じでやってらっしゃるのかなぁ、
なんて思ったり…。
posted by コバヤシ at 01:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

株バリュー投資法

謎のトレーダー「しん」の株バリュー投資法―3年間で20倍!!
を読了。

日本株でバリュー投資をやっている人の手法が
さっと見れたのが良かったですね。
日本株はほとんど知らないので、勉強になりました。

著者は、分散投資をせずに集中投資をされてるんですね。
そこが、一般的なバリュー投資と違うなぁと思いました。
集中投資をして、うまい具合に2倍、3倍になっている感じがしましたねぇ。

あとは、バリュー株であれば、収益がとくに伸びていなくても
たいして気にしないみたいですね。
気にするのは、自社株買いを積極的にやっているかどうかですね。

資産的に十分バリュー感があって、配当金もそこそこだしていて、
自社株買いに積極的であれば、収益面が伸びていなくても
買ってもっている内に、株価はいづれ本来の価値まで戻るでしょう、
といったスタンスでしょうか。

また、投資先はやはり小型株が多くなるようですね。
そういうのもあってか、倒産の危険性を避けるために、
株主資本比率や時価総額にもかなり注目されているようですね。

いやぁ、勉強になりました。
本は定期的にきちんと読んでかないといかんなぁ。


とりあえず、CSMを使って全銘柄のPBRやPERを眺めてみたのですが、
よく分からない銘柄がたくさんでてきますから、それをどうやって調べれば
いいかが問題ですかね。
お国が違うからピンとこない部分も多々ありますしねぇ。

割安成長株を見つけ出すの方がまだやりやすい気がしないでもないですが。


そういえば、佐々木さんの
決算書でわかる儲けの極意―3倍株投資法
は、言わば割安成長株をみつけるための本ですよね。
で、復習のために見返してみました。

4つのポイントがあるようですね。
1、ROEをみる
2、先を読む
3、分解してみる(デュポンROEで)
4、比較してみる

1のROEですが、これは3つの指標からできていて
1、売り上げ高純利益率
2、総資産回転率
3、財務レバレッジ寄与度
だそうです。

1は、変化しやすいそうですが、2,3は会社の体質だから
変化しにくいみたいですね。
で、2の総資産回転率を自分の持ち株で試しにチェックしてみました。

高速道路株でみてみたところ、セッコウ高速と江蘇高速は総資産回転率が
0.15〜0.2ぐらいの範囲で存在するようですね。
#CSMの詳細表示で、過去3年分の指標が見れます。

しかし、深セン高速道路は、0.06〜0.08でなんと半分ぐらいの値でしかないですね…。
なので、資産効率が悪いと言えるようですねぇ。
深セン高速道路は、その代わりといったらなんですが、売上高純利益率が高いみたいですね。
それでも、結局は、ROEでみると上記の2社よりは落ちてしまうようですが。

まぁ、去年は資産を売却して特別利益をだして、その資金を使って大動脈といえる
道路を買収したりしてたと思うので、そのうち指標はよくなるような気がしないでも
ないですね。
そうなると、ROEが改善されるかもしれないので、そうなったら悪くないの
かもしれませんね。
PERやPBR、配当利回りの面からみても、一応割安そうな気はしますし。
しかし、時間がえらいかかりそうなのが問題ですかねぇ。
各証券会社の予想EPSをみていると、業績はあまり伸びなさそうですが、
そこも気になりますねぇ。
これなら、アンキ高速の方がいいかもしんないですよね。
株価もピーク時からだいぶ下げましたし。

ちなみに、セッコウ高速や江蘇高速は、既に高いでしょうから論外でしょうね。


中国移動の指標はぱっと見良さげに見えますね。
ROEが18%ぐらいで推移してますし、来期予想でPERは15倍台ぐらいでしょうか。
#もうちょい高いかも。
配当利回りは2.5%ですか。
バランスシートは、スリム化してきているようですね。

人民元切り上げによる資金流入も期待できそうですし、携帯電話事業自体、
基本的に儲かる商売ですし、携帯はこちらの人はみんな持ってますから、
そういう面でも悪くはなさそうですね。

2004年のキャッシュフローをみると、営業キャッシュフローから
投資と財務キャッシュフローを賄えるぐらいあるようですね。

PERは今は18倍ぐらいで、PBRは3倍ぐらいだから、この点からみると
割安ではないですが…。

予想通りの業績で推移して、PERが18倍ぐらいで推移したままだったら、
今の株価から、7HKDぐらいは上がるって感じですか。
それだと、20%ぐらいは上昇するのかな?
まぁ、悪くない気はしますねぇ。

posted by コバヤシ at 14:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

「福袋銘柄」で儲ける週末投資術

『「福袋銘柄」で儲ける週末投資術』を読了しました。
超特価バリュー株「福袋銘柄」で儲ける週末投資術―たった週1時間の分析で年利15%を目指す!

資産バリュー株投資の勧め!、といった内容の本でしたね。
さすがに実際に結果を出されている人の本なので、
読んでいていくつも発見がありましたね。
すごく勉強になりました。
良かったです、読んでみて。

資産バリュー株投資の話だけでなく、行動ファイナンスや
ファンドに関する話などもあって、それらもなかなか良かったですね。

市場効率仮説というのがありますが、行動ファイナンスの出現に
よって、市場はほどほどにしか効率的でしかない、というのが
納得のいく形で説明されているみたいですね。
全然知りませんでした。

また、ファンドはブランデス社のファンドのような生粋の
バリュー投資ファンドなどの紹介がしてありましたね。
日本で買えるものとして「AIG株式オープン」が
紹介してありました。


著者の角山さんの投資履歴が分かったのも良かったですね。
最初は人気銘柄の割高な成長株で損をしたりもされていた
ようですが、次第に資産バリュー株投資に投資方法を
変更していって、それで成功されたようですね。

ハイテクなどの景気敏感株は難しいから買わないというのも、
確かに!、と思いましたね。
変化が激しいのは、やりにくいですよね。
振り回されてしまいますよねぇ。
なんちゃら価格(半導体、鉄鋼など)がどうのこうのって
感じで株価が上下するからね。


日本株は、資産バリュー株がたくさんあったけど、
近年になって外人がそれらを買いにきたし、敵対的買収を
さけるために株主還元策を打ち出したりといったような
株式市場にプラスになるような流れもあって、資産バリュー株
投資をやっていた人はだいぶ儲けたのかなぁ、なんて思ったり
もしました。

でも、今は資産バリュー株がだいぶ少なくなってきたので、
今後は収益バリュー株でやらないとダメなのかもしれませんね。
まぁ、どうなんでしょうか。


資産バリュー株投資を中国株に果たしていかせるのか?、
が問題ですね。
やっぱ、資産と収益の両方をみるべきだろうし、かつ、
人民元切り上げとか中国の経済発展とか、そういう
大きな流れを見ていかないとダメそうですよねぇ。

やはり、H株などのような大型株の中から良さげなものを
買って、あとは、大きな流れに任せていくのが良さそうな
気がしますねぇ。

資産バリュー株だけに焦点をあわせたら、よく分からない
銘柄しか出てこなさそうですし。
#でも、この投資法はそもそもそういうもののような気もしますが…。


株価4倍「割安成長株」で儲ける収益バリュー投資術
収益バリューの本も最近だされたみたいなので、
こちらの方も読んでみたいですね。
今度、日本にいくのはいつになるだろうか…。


ふと思ったのですが、徒然の佐々木さんやマットセトなどは、
「割安成長株」を買うという投資スタイルですよね。
私も目指すはここらヘンかなぁ、とか思ったりはしていますねぇ。

中国株投資においては、この投資スタイルが一番いいような気がします。
有料無料の情報を駆使して、ある程度今後の成長性は分かるでしょうし、
そもそも国自体が経済成長していっているし、株式市場の整備も少しずつ
進展していってるみたいですしね。

まぁ、でも、中国株だけに固執する必要はなくて、世界的にみて
割安な成長株を買うという時代になっているとは思いますけどね。

「割安成長株」というのをよりよく理解するためにも、1回角山さんの
収益バリューの本を読んでみたいですね。
posted by コバヤシ at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。