2005年10月02日

お宝不動産

『「お宝不動産」で金持ちになる!』(沢孝史)を読了。

ちょっと、ここいらで不動産に関して、再度考えてみるべく
読書をしてみました。

さっと見る限り、660万円で3300万円ぐらいの不動産が
買えるみたいですね。
#この本の著者は中古アパートの一棟買い(地方都市のやつ)を
#勧めてあるようですね。
#やはり、リスク分散を考えると、一棟買いになってしまうようですねぇ。

660万円の自己資金で3300万円の不動産だから、
20%の自己資金で、80%の借り入れってことですかね。

家賃収入は、360万円ぐらいでしょうか。
キャシュフローは、年70万円ぐらいでしょうかね。

このキャッシュフローは、大規模修繕や次の不動産を購入する
資金のために手をつけずとっておかないといけないようですね。

13年ぐらいで借金を全額返済することは可能そうですね。
そして、18年ぐらいで投資資金も回収してしまえる、といった感じでしょうか。

でも、これを読んで思ったのですが、経済的自立を獲得できるのは、
早くても、13年後ということですかね。
いやぁ、世の中甘くないですねぇ。
もっと簡単に手に入る気がしていたのですが、やっぱそうじゃなさそうだよなぁ。

しかも、日本の不動産は底を売って反騰している気がするし、今後人口は減って
いく気もするし、不動産投資に関して疑問が残りますねぇ。

どうしたもんかねぇ。

まだまだ、一生懸命働かないとダメそうだね。
10年は余裕で働かないとダメそうだなぁ。

あれ、もし3300万円の資産を全額自己資金で買ったら、
360万円の家賃収入の結構な割合を好きなように使えそうだよねぇ。
まぁ、全額自己資金にすると、利回りは落ちるだろうから、
それは普通しないだろうけど。
つーか、そんなお金まずないし(笑)。

キャッシュで3000万円をとにかく作って、
1500万円ぐらいを現金と株で、1500万円を不動産に
投資するとどうなるかな?

1500万円の自己資金で、6500万円ぐらいの不動産資産が
手に入るって感じかなぁ。
で、13年間は利息を払ったり大規模修繕用にキャッシュフローを
貯めておくと。

1500万円の株と現金を、年率15%ぐらいで運用できたとしたら、
10年後には4倍の6000万円。

おお、10年後には1億以上の資産が…。
つーか、完全にとらぬタヌキの皮算用だな、こりゃ…。

しかし、これでいったとしても、経済的自立獲得は10年後だねぇ。

多分、株で本当に年利15%がいけるのなら、全額株でやった方が
いいのだろうね。

3000万円を年利15%で運用したら、10年後には1億2136万円かな。
あれ、不動産を織り交ぜたほうが効率がいいのかな?
いや、10年後だとまだ不動産の借金が残っているから、同じぐらいかもしれんなぁ。

でも、株で年利15%は結構すごい気もするし、
絶対ガクンと下げる年があると思うしなぁ。

3000万円ぐらいじゃまだ足りないってことですかねぇ。
なかなか厳しいのぉ…。

4500万円ぐらいのキャッシュを目指そうかな。
これだと、不動産の自己資金比率も上げれるしね。
2500万円ぐらいを自己資金として使ってもいいのでは?

この金額は一体どうしたら作れるだろうか?
1回考えてみよう。
posted by コバヤシ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。