2005年12月18日

ツアー参加

12/17(Sat)に、亜州IRさんの上海企業視察ツアーに
参加してきました。

最近、不動産株が好調ですよね。

上海の不動産は、他の地域と比べて一足さきにピークをつけましたが、
現在は、どういう現状なのか気になっている方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか。

また、上海には、いわゆる億ションの建設もされているようです。
一体、どの企業がそういうのを開発しているのか?、その内容は
どういうものなのか?、株は買いなのか?、気になりますよね。

そういう方のために今回のツアー参加の様子は、少しはお役に立てる
のではないかと思います。

ということで、
ツアー参加の様子はこちらからどうぞ。


posted by コバヤシ at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

株。
うう、円高がちとイタイですね…。

日本株ですが、ジェイコムに買いが入るのが
なぜなのかがイマイチ分からないですねぇ。

ジェイコム株で5億もうけた24歳の会社役員、
というニュースに驚きました。
28億の自己資金を使って、買い進んだみたいですね。

よく間違いを見つけてさらに実際に買ってよく儲けたなぁ、
とか思ったのですが、そもそも、24歳で28憶の資金が
あるってことにこれまたビックリですよねぇ。

公的年金の運用が、7〜8月は、国内株式は
21%というのに驚きました。
こりゃ、日本株はヘタに買えないなぁ、なんて思いましたねぇ。
売りなんですかねぇ、どっちかというと…。

中国株は、最近は不動産株やREITが調子いいみたいで、
ちょっと試しに買いたい気持ちもあるのですが、どうも調子が
良すぎるのでイマイチ抵抗がありますね。
以前のデンウェイや鉄鋼株みたいに、ある時点でガクンと下がるのでは
ないかとついつい思ってしまいますねぇ。

posted by コバヤシ at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

EV/EBITDA

角山さんの本をみながら、最近、株価が下げてきている
ジョルダーノをチェックしてみました。

角山さんのは、まずキャッシュフローをみて、その次に
EVとEBITDAというのを出して、EV/EBITDAをチェックするようですね。
そして、真のPER,バフェットの利益率というのもチェックするようです。

EVとEBITDAは、それぞれ、
・EV = 時価総額 + 有利子負債 - 現預金
・EBITDA = 営業利益 + 減価償却費
です。

真のPER、バフェットの利益率は、それぞれ
・真のPER = EV / 当期純利益
・バフェットの利益率 = 当期純利益 / (棚卸資産 + 有形固定資産)
となるようです。

これらの値をチェックするために、ジョルダーノのサイトを訪れて、
そこのP/LやB/Sをチェックして、自分なりに数字を出して計算してみました。

まずは、キャッシュフローですが、営業キャッシュフローは
毎年結構ありますよね。
現金をきちんと積み上げることができそうなLVに思えます。
悪くなさそうですね。

EVやEBITDAはどうでしょうか…。

EV = 時価総額 + 有利子負債 - 現預金
= 6128.8 + 306 - 727
= 5707.8

EBITDA = 営業利益 + 減価償却費
= 497 + 0(?)
= 497

EV / EBITDA = 5707.8 / 497
= 11.48
(5〜10倍が普通)

真のPER = EV / 当期純利益
= 5707.8 / 393(?)
= 14.52
(8〜12倍が普通)

バフェットの利益率 = 当期純利益 / (棚卸資産 + 有形固定資産)
= 497 / (357 + 250(?))
= 0.82(82%)


EV/EBITDAと真のPERで見ると割高ですね…。

バフェットの利益率は良さそうですね。
儲ける商売と言えるような気がします。
#棚卸資産と有形固定資産の値が、ちょっと適当すぎる
#かもしれませんが…。

ということで、指標は良さげだし、株価は下げてきているけど、
割安とはいえない、といった感じでしょうか…。

あとは、ブランド力はそれなりにはありそうな気はしますね。
チャート的には156週線にタッチしているので、反発が期待
できそうですね。
配当利回りは、中国会社情報でみると05年予想で5%はありそうです。
ROEは20%ぐらい。

定性判断のポイントとして、以下の4つがあるようですね。
・利益の予想はつけやすいか
・独占企業か
・競争力はあるか
・他社の成長や競争を利用できるか

ブランド力がそれなりにはありそうだし、利益の予想も
まぁつけやすそうな気はしますね。


まとめると、
・バリュエーションは割高
・財務は優良
・定性判断は並と良の間ぐらい
といったところでしょうか。
posted by コバヤシ at 05:22| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

ネタと場を察知する能力

「話す力」
>永六輔さんや黒柳徹子さんは、話す力が1000馬力はある。

>その力の秘密はまず話のネタが多いことだ。

>そして、場の空気を感知する力がものすごく強い。

だそうです。
ネタの多さと場を察知する能力、ということですかね。

この2つが身につけば、話す力がアップすると
斉藤さんは言っているようですね。

この本は3章からなってますが、
1章が「話す力」について
2章がネタについて
3章が場を察知する能力を養うための方法
という章立てになっているみたいですね。

この文章を書いている最中にようやく気づきました…。
読んでいる最中には分からなかったです。


株。
おお、さすがに反発しましたね。
ちょっと安心しました。

あと少し買っておこうかなぁ。
しかし、底ではなかなか買えないもんですねぇ。


キャリアアップ。
なにげにキャリアアップに関するネット上の記事を読んでました。
そしたら、技術職の人の話があって、技術職だと年収600万円
ぐらいまでが限界でしょう、といったことが書いてありましたね。

それ以上目指すには、マネジメント力と語学力が必要になって
くるようですね。

これを読んで、中国語に対するモチベーションが上がりました(笑)。
よし、面倒くさがらずに頑張って身につけようと思いましたね。

つーか、本音は株で儲けて働かなくてもいいようにしたいのですが(笑)。


中国語。
可能zhao不倒(多分見つからないでしょう)
有点累(ちょっと疲れる)
我想問一個問題(1つ質問したいです)
我去開会了(会議に出た)
fu印一下(コピーしてください)

中国語を覚えるために書き出してみようとしているのですが、
簡体字が入力できない(?)から、ちょっとイカンですねぇ。
posted by コバヤシ at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

亜州IRさんの12月の企業訪問ツアー

亜州IRさんが、上海の企業視察ツアーを12月に予定されているみたいですね。

内容は、以下の通りです。
----------------------------------------------------------------
12/15(木) 全日空921 成田発 18:10   上海着 20:15
12/16(金) 企業視察 訪問予定先(上海電気、聯華超市、中海発展、上海証券取引所) 
12/17(土) 市内視察 訪問予定先(販売用不動産物件、中古車展示場、上海都市計画展示館など)
12/18(日) リニアモーターカー乗車 全日空921 上海発 13:15 成田着 16:50

最小催行人数 10名
費用 149,000円
ホテル 上海賓館(4つ星)または同等クラス

主催:     東日観光(国土交通大臣登録旅行業第270号)
手配・申し込み: ワールドエアシステム(東京都知事登録旅行業3-3878号)
        03-5245-2611(担当:永江)
-----------------------------------------------------------------

このツアーのポイントですが、比較的リーズナブルですし、美人!という噂の
佐々木マイさんが、アフター5に上海のディスコやエンタメスポットを案内
してくれるらしいですよ!!
これは、ちょっと楽しみかもしんない。

亜州IRさんのサイトをみたのですが、このツアーはまだサイトには
掲載されていないようなので、連絡は直接上記の電話番号にすると
良いのではないかと思います。
ツアーの案内記事が追加されたようですね!!
まだ、10人にはなってないようなので、参加者大募集中!のようですね。

中国株投資家なら、普通に上海旅行するよりも、こういうのに参加した
方が良いかもしれませんね。
企業訪問は普通できないですからね。
また、ラジオで有名な又井さんに直接会えるのもポイントだと思いますね。
#ちなみに、もしかしたら私も夕食などに参加するかもしれません…。

企業訪問ツアーの様子は、前回の小泉さんツアーの記事を参考にすると
どんな感じなのかが分かるのではないかと思います。

ということで、さりげなく、亜州IRさんのツアーの宣伝でした。
posted by コバヤシ at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株の本

ダイヤモンド・ザイと「ど素人の株日記」の方の
ムック本を読みました。

ザイの方では、角山さんの記事があったので
それを主に読んでみました。

バリュー株には、資産バリューと収益バリューがあるようですね。
私は、この2つに分けて考えられるとは知りませんでした。

ちなみに、今の日本株は、資産バリュー株は少なくなって、
収益バリューでやらないといけなさそうですね。
そうなると、会社の事業内容を分析するといったことが必要で、
難易度は高くなるようですね。

株主を見るのも重要なようですね。
これは、最近になってようやく意識するようになってきました。


ムック本の方ですが…。
倒産しない低位株を買う、という手法のようですね。

言い方を変えると、絶対倒産しないような銘柄の一時的な
業績悪化を狙って買う、といった感じでしょうか。

あと、売りですが
・2倍になったら半分売る
・高値から5%(10%)下げたら売る
といったのがやはり良さそうですね。

また、キャッシュをいつも用意しておく、ということが
かなり強調されてましたね。
上記の条件で売りを行って、資金をある程度確保して
おきたいですね。
暴落時の買いが、パフォーマンスを上げるみたいですしね。

あとは、資金を一気に使わずにかならず時間的に分散して買う、
というのも書いてありましたね。

ここら辺を、今後の自分の投資に生かしていきたいですね。
posted by コバヤシ at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツアー参加

今日は、小泉さんの現地企業視察ツアーに参加してきました。

復地集団
上海証券所
上海振華港口機械
上海宝山鉄鋼
を見学しに行ってきました。

上海振華港口機械と上海宝山鉄鋼が良かったですね。
特に上海宝山鉄鋼は良かったです。

上海からしばらく北にいったところにこの会社があるようですね。
なんだ、意外と近いじゃん!、と思ってしまいました。
また、敷地がものすんごく広いことにかなり驚きました。
工場をちらっと見学したのですが、効率化を追求してある
ようで人もだいぶ少なくて、機械が自動的に鉄を製造している
のが見て取れましたね。

視察ツアーは、体全体で情報を受けとめらるのが良いですね。
予想以上に良かったです!

デジカメで写真をたくさん撮ったので、明日にでも
この時の様子を掲載したいと思います。


株。
ちょっと下げがキツイですね…。
建設銀行が上場したのに、なんでまだ売りが続くの?
と思ってしまうのですが…。
posted by コバヤシ at 03:04| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

30%減益

WBSのサイトを見ていたところ、
「韓国サムスン電子 純利益が30%↓」
とありました。

私は、ちょこっとサムスン電子の株をもっているので、ええ!、まじで!
と驚いたりもしたのですが、株価のほうは一応は上昇トレンドではありますね。
Yahoo米のチャートはこれです。

業績は回復基調と紹介してありますが、株価のほうは既にそれを織り込んで
いっているということなのかな、と思いましたねぇ。
posted by コバヤシ at 15:08| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイワインターネットTV

株。
STAKさんのブログを拝見していて、なにげに
右側のリンクを1つ辿ってみました。

、「ダイワインターネットTV 海外・アジア」
というのを見てみました。

なかなか面白かったです。

既知の情報が多い気がしないでもないですが、それでも、
香港市場の投資家のうち30%以上が海外投資家で、
その内、欧米の投資家は70%(ぐらいかな?)、
日本は3%といったことが紹介してあって、それらは
私は知らなかったので、ちと勉強になりました。

30%が海外投資家だとしたら、残りの70%は一体だれよ?、
と思ったりもしないでもないですが…

海外投資家の動向は重要ですよね。
日本の株式市場は、海外投資家が買い越しに周ると市場平均が
あがるらしいですしね。
香港市場でも海外投資家の影響は大きいみたいですね。

あと、香港市場でIPOで資金調達した額(2004年度かな?)は、
日本より多いとか紹介してありましたね。
香港市場はまだまだ伸びそうだなぁ、という印象を受けるような
紹介が続いていましたね。

個人的には、ハチソン・テレコム・インターナショナルの
レポートが一番面白かったですね。

最近は、ネット上で動画を配信するサイトが増えましたよね。
これはとても便利なので嬉しいですね。
文字情報より分かりやすいですし。

あと、これらは補助的な情報としてはいいけど、これらの
情報をみて実際に株を買うのはちょっとありえない気がしましたねぇ。
#そもそも無料情報ですからね。
石炭会社の話もあって、石炭会社が伸びているという紹介の仕方でしたけど、
今更おそいのでは?、という気がしないでもないですし…。
posted by コバヤシ at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

読書

「小富豪のための金融案内」
「仁科剛平の必勝株発見ソフトで10倍儲ける!」
を読みました。

以前、シティバンク香港に口座を開設している方からメールを
頂いたのですが、その時に「小富豪のための金融案内」のことを
教えてもらいました。
先日、遊びにきた友人に頼んでこれらの本を買ってきてもらっていた
のですが、今日、ようやく読んでみた次第です。

読んでみたのですが、譲渡税を節約したいなら、香港に口座を
開いて株を買うのはありなのかもしれませんね。

また、日本に住んでいる人が香港の口座を使っても、
確定申告して税金を払わないとダメそうな気がしますねぇ…。
#手数料が安い(?)のがメリットなのかなぁ?


「仁科剛平の必勝株発見ソフトで10倍儲ける!」
この本は、なかなか良いですね。
短期のテクニカルをやるなら、ここら辺から入っていくのも良い気がしましたねぇ。
また、STAKさんのブログをきちんと拝見していって、テクニカルについて
もっと勉強していこうかと思っている所です。
5%を取りにいって、年率25%を目指してみたいですねぇ。

でも、少しずつ稼いでいったのを、ある日、ドカーンとやられそうで、
それが恐いのですよねぇ。
今までの苦労は一体…、といった感じにもなりそうですし。
大きく下げた時のリスクを防ぐ仕組みを作って挑まないとまずい気がしますね。

中国株の短期はちょっと難しそうですね。
上げ下げが激しいので。
日本株でやるしかない気がします。
#そもそも、このソフトは日本株専用ですしね。


リスクが小さいならとりあえずやってみよう。
最近、何かをする時に、リスクやコストが小さいなら、
とにかくやってみよう、と考えるようにしています。

自分は、基本的に面倒くさがり屋なので、何かをする時についつい
やらないことを選んでしまうのですが、それははっきり言って
よろしくないので、極力やるようにしようと思っています。
で、その際には、一気にやらずに少しずつやったり、リスクが小さいなら
あれこれ考えずに、さっとやってみようと思ったりしていますね。

そういう思いもあって、国慶節の間に、試しにとりあえず近場の
蘇州とか抗州あたりに日帰りで行くことを現在検討しています。
日帰りだと十分な観光をするには時間が足りないとは思いますが、
急遽思い立ったのもあって、とりあえず今回は、軽く訪れてみたいと
思いますね。
まだ列車の切符を買うことすらままならないと思いますが、
とにかく行動していきたいですね。
上海市からまずは出てみることに挑戦したいです。

その内、香港やマカオあたりにも行きたいですね。
時間を確保して。


飲み会。
相変らず飲み会のような場では、しっくりこないですねぇ。
基本的に関心領域が狭いので、そこがイカンのですけどねぇ。
あと、馬鹿話はする方じゃなくて、聞く方についついなって
しまうんですよねぇ。
でも、聞いているだけじゃ、はっきり言ってつまんないですからね。
posted by コバヤシ at 10:47| Comment(1) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

専門用語

株。
日本株は、調子が良いみたいですね。
私のごくわずかな日本株もおかげで調子がよいです。
また、STAKさんから教えていただいたとある銘柄も、
鋭意チェック中です。
順調に上げてきているようですね。

中国株は、不動産関連が調子がいいですねぇ。
やっぱ乗り遅れた気がするなぁ。
万科もっているから、いっかぁ…。
最近はさすがに上がってないですが。

明らかに割安だったら最低単位でもいいから
打診買いをしておくべきなのかもねぇ。

東洋証券で買った株の損益は、最近は増えてないですね。
むしろ減っていますね。
UW証券の方は少しずつですが、増えていますね。
UW証券は、比較的最近買った銘柄ばかりで、東洋証券は
昔買った銘柄がほとんどです。

この状況をみて思いました。
昔買ったやつの中で伸びなさそうなのを多少売って、伸びそうなのに
資金を振り分けたほうがいいのかもしれない、と。

全部売ってしまうと、アンキ高速みたいにかなりもったいない
ことになるので、一部ですかねぇ、売るとしたら。
多少は、資金効率のことも考えていこうかなぁ、とか思ったり…。


仕事。
相変らず、英語でのやりとりは、ごまかしながらやっております。
相手が何を言っているか分からないときは、内容から推測して
質問をして、それで、コミュニケーションを取るようにしていますね。
そういうスキルが少しずつ上達している気がします。(^_^;

あと、仕事の話になると、専門用語が急激に増えるので、通訳する人が
専門用語を理解しているかどうかが、かなり重要になってきますね。
当たり前のことですが、今日、それを実感致しました。
通訳する人もなかなか大変ですなぁ。
覚えることが多くて。

基本的に、仕事をきちんと覚えて、その上で外国語ができると良い、というのが
言われていると思いますが、全く持ってその通りだなぁ、と思ってしまいますね。
結局、会社でやるのは仕事ですからねぇ。
まぁ、至極当然なことではありますが…。

自分の場合は、早急に英会話をなんとかした方がいいですね。
でも時間がかかるのは目に見えてますよねぇ。
中国語もやらにゃいかんのにねぇ。

そういや、中国語って、ほとんど使ってないよなぁ。
授業と街で食事や買い物するときぐらいか。
イカンなぁ。
posted by コバヤシ at 01:35| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

テクニカル

株。
うぉぉ、ジョルダーノがえらい下げる…。
SASAも下げているが、これは香港小売系企業が
売られているってことなのかな。
なんでだろう?
ディズニーランド開業したから?
いやぁ、関係なさそうだよなぁ…。

最近、STAKさんからテクニカル的なことをメールで
教えてもらいました。
テクニカルについてよく分かってない私にとっては
かな〜り勉強になる内容でした。
さすがにプロは違う!、といった感じがしましたね。
STAKさんがホームページやブログを始められるのを
楽しみにしておこう!、と思いました。(^^;


仕事。
ソフトミーティングをしました。
現状の問題点の確認などをしましたね。
準備が面倒なので、ちょっとやるのが遅れていたのですが、
今日ようやくやれて、スッキリしましたね。

その後は、またとあるバグについて調査をしていました。
サンプルプログラムで、かなりシンプルな構成で動かしても
挙動がヘンなので、これは、根本的な所で私が勘違いしているか、
もしくは、ライブラリのバグかのどっちかですね。
まぁ、前者の可能性が多いに高いですが。
実績があるライブラリなので。

午後は、調査をしていたら、それだけで終わってしまいました…。
いかん。
全然、他のが進んでいない。
プライオリティが高い仕事にきちんと手をつけていかなくては。

CSM。
帰宅して、少しプログラムをしました。
一応、問題は解決しました。
あともうちょい詰めの作業をやって、早くて明日ぐらいには
更新できたらいいなぁ、と思っております。



posted by コバヤシ at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

とある株価をみて…

株。
〇〇高速道路が、最近結構下げてますね。
だいぶ前にはなかなか上がらなかった株価が、料金改定などがあった
おかげでえらい上げていって、そいでとある情報では今後の見通しも
良いでしょう、といったことが書いてあったと思います。

今さら手が出せないなぁとか思ったりもしていたのですが、
最近の下げをみて改めて思いました。
やはり、株価があがってさらに今後の見通しも良さそうだ、
という銘柄は、下げる可能性は結構ありそうですね。
見通しが崩れた時点で、えらい下げますよね。
まぁ、上がることもありますが、下げる余地も少なくはないと
言える気がしました。
こういうのは、避けておいた方がいいのかもしれませんねぇ。

買うべきは、明らかな割安成長株と、一時的な要因で株価が下げている
成長株ですかねぇ。

また、市況関連株がいくらPERが低くてもちょっと手を出しにくいですね。
いくらPER5倍以下の必勝銘柄だといわれても、どうも躊躇してしまいます。


コーチングのブログを拝見。
「望む人生を実現するには何が必要ですか?」という問いに対して、
私は経済的自立がまず欲しいから、お金とか、お金に関する知識、
あと、お金だけじゃイマイチなので、充実した人間関係や健康
などを挙げていったのですが、その後の記述をみてハっと驚きました。

必要不可欠なのは、
“望む人生を実現するような考え方・生き方”
だそうです。
う〜ん、なるほど。
こういう観点から、一回検証してみたいですね。

あと、他のコラムをみて思ったのですが、
「刺激と反応の間にはスペースがある」
というコビー博士の言葉と通じるものがあると思いました。
この反応をいかに自分が本当に望むモノにしていくかで、
自分の人生の充実感が大きく変わってくるのではないかと
思いました。

そして、野口さんのブログを読むことで、この反応の部分を
より良くしていくことができるのだと思いましたね。

私は、自分のブログにこういったことを記述して理解を
深めていきながら、少しずつ自分の望む生き方に持って
いきたいですね。
posted by コバヤシ at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

日経の記事

ポチさんから、日経の記事を写真に取り込んだものを
送って頂きました。
ポチさん、ありがとうございます!m(_ _)m

早速記念に私のHPに掲載しました。
http://www.kanei.org/gazo/nikkei_new_01.jpg

写真の真中からちょい左下の方に「小林寛永」という
文字がみえるかと思います。

コメントとしては、
「取引停止リスクがありそうな小型株には手を出さないか、
投資するにしても小額にとどめる」
というコメントが掲載されていますね。

振り返ってみれば、ワーサンガスあたりは、推奨していた
人も多かったので、つかまされた人も少なくはない気がしますね。

しかも、チャオダの暴落&反騰があった後だったので、
ワーサンガスでも同じことを期待して買い向かった人も
いるような気がします…。
(私も買おうかどうか少し考えていました…。良かった、買わなくて…(笑))

とりあえず、中国株の場合は、優良銘柄への投資でそれなりには行けそうな
気がしますので(資金量にもよるでしょうが)、小型株(P株)への投資は
お小遣い程度に留めておいたほうが無難そうだなぁ、と思っているところです。


さらに言うと、よく分からないものには投資しない、というスタンスで
情報収集をして投資先をふるいにかけていれば、取引停止になりそうな
銘柄は、自然と候補から外されていく気はしますね。
また、完全に投資候補から外れなくても、投資額の方は必然的に小額に
なっていく気がします。

書いていて思ったのですが、ようするに、
「損をしないというスタンスで投資に望む」
ということがポイントになってくるのではないかと思いました。
posted by コバヤシ at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

日経

日経朝刊の新興市場関連で、私のコメントが掲載されていた、
というのをポチさんからメールで教えて頂きました。
ありがとうございます。

しばらく前にメールで質問されたので、それに答えていたのですが、
その時のが使われたのでしょうね。

確か私が答えた内容としては、

・短期的なトレードをするのなら日本株の方がいいのでは?
・中国の経済発展は間違いないだろうけど、中国株式市場ならではの問題点も
あるから、中国株式投資はそういった問題点について認識&注意しつつ、
投資していくという形になるのではないでしょうか

といった内容だったかと思います。
といことで、特にたいしたことは言っていません(笑)。
(というか、言えるはずがありません(^^;)


今日は、銀行へ両替に行ってきました。
今後さらなる切り上げが予想さる人民元を今のうちに手に入れるべく…。
なんてのは冗談で、生活費としての人民元が手元からなくなってきたので、
補充するために両替をしにいっただけです。

おそらくですが、日本にいる人から見たら、人民元に両替できるからいいなぁ、
とか、今のうちにたくさん両替しといた方がいいのでは?、と思われるかも
しれません。

しかし、冷静に考えると、大量の人民元があっても、使い勝手が
悪いのは容易に想像できるかと思います。

しかも、100万円を人民元でもっていても、10%ほど切り上げが
あってもたったの10万円の儲けしかなりません。
この程度なら普通に株をやっていた方がいいかと思われます。

儲けが10万円じゃ足りないなら、もっと多くの金額を両替すれば
いいかもしれませんが、それはさすがに躊躇してしまいますよね…。

ということで、私の実感としては、切り上げは、生活上においては
生活コストがあがるだけのものでしかない、といった感じでしょうか。
(株式投資という観点から見るとまた違いますが)

で、前置きが長くなりましたが(つーか前置きだったのか!(笑))、
そういうことで両替をしに行ってきました。

今回で3回目の両替だったのですが、さすがに今回はスムーズに
両替ができましたね。
素晴らしい。
相手が何を言っているかよく分からなくても、パターンから類推することで
上手く対処できました(笑)。

良かった良かった、といいたいところですが、1つ問題があります。
それは、中国語を全く使っていないということです。
全部、英語で言ってしまいました(^^;。
事前に準備する時間がなく、急いで行ったので英語しかいえなかったのですよね。
「両替をしてください」というのを中国語で何ていうか忘れてしまったのです。

ちなみに、英語では
「Please exchange USD to RMB.」
になるかと思います。
というか、これで通じました。
RMBは、リャンメンビー、と発音します。

あと、「How much USD?」と聞かれたので、
「???USD」と答えるだけでした。
また、「Please deposit」というのも言いました。
両替した分は、口座に入れておいてね、ということですね。

ということで、私は3回しか喋ってません。
しかも英語で。
でも、スムーズにやりとりできたのがすごく嬉しいです(^_~)

しかし、こんなんじゃ中国語は上達しないので、
次回は、中国語で挑戦しようと思います。
posted by コバヤシ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

「株数を増やすことと見つけたり」

株。
黒竜江さんが書かれていた、「株数を増やすこと」について
少し考えていたのですが、そういえば自分は、買った株が
順調に上がっていっているときは、満足してそのまま見て
いるだけでしたね。

市場の調整があったときに持ち株の優良銘柄を買い増そうか
とも思ったのですが、平均買い値があがるから止めている
ことが多かったですね。
これは、もしかしてもったいないことなのではないか?、と
思いました…。
実際に、シナオガスなんてのは、今までずっと買い増しの
チャンスがあったにも関わらず、全然買いましていないですね。
最初買ったっきりで、暴落時にまったく株数を増やせていないですねぇ…。

ということで、貯株の精神で自分の投資方法を見直してみようと思いました。

そうだ。
Qさんも言われているけど、中国株は優良株を買っていけば、
概ね大丈夫そうですよね。
なので、市場の調整時に、優良株をきちんと買っていこうかと思いました。
posted by コバヤシ at 03:11| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

株について

株。
今日は、帰宅してから、あれこれと株について考えていました。

資金流入期待の大型株を、何か少し買ってみようかと
考えたりしていました。
今さらどうなのか?、と思わなくもないですが、
少し買うぐらいなら例え失敗しても問題ないのでは?、
と思ったりも…。

ペトロを売ったのはもったいなかったですね。
微々たる量だったので今後株価があげてもたいして儲けが
でるわけではないのですが、少しでもいいから持っていた方が
精神的に良いということが分かりました(笑)。

極力、タダ株を作っておくのを目指すべきなのかもしれませんねぇ。
今回の失敗を生かして、次回に必ず生かしたいと思います。

しかし、ペトロは完全にバイ&ホールドで良かったですね。
さすが、バフェット銘柄といったところでしょうかねぇ。
posted by コバヤシ at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

切り上げ後初日

仕事。
とあるところで手間取ってしまい、会社を出たのが
午前0:30になってしまいました。
一応、問題を解決させたので、それは良かったですね。
素晴らしい。
しこりを残さずに済みましたね。

株。
今日は、切り上げ後初日でしたね。
株価にどの程度の反応があるかが気になっていたのですが、
個人的には思ったより反応したなぁという印象でした。

特に、B株と不動産株がすごかったですね。
私は万科をもっているのですが+10%ですもんね。

でも、もっているものが上昇する分には問題ないから
いいのですが、買おう買おうと思っていたとある不動産
銘柄が結構上げてしまい、そちらの方ばかり気になって
しまいました(笑)。

H株は、上げてはいますが、それほどでもない気がしますね。
ある程度織り込んでいたからでしょうかねぇ。

でも、今後、切り上げは少しずつされるでしょうから、
それを期待した資金が少しずつ入ってきそうな気がするので、今後を
楽しみにしつつ自分の資金も少しずつ入れていきたいですね。

しかし、現在の自分の資産の7割ちょいが中国株なので、これ以上
突っ込むのもどうかなぁ、という思いもあります。
(切り上げ期待で資金が入って来たときこそが、売りかもしれませんしねぇ)

でも、資金流入期待銘柄と不動産銘柄を少し買ってみようかなぁと
欲を出したりしています(笑)。

ペトロを売ったのはもったいなかったかもしれませんねぇ。
練習の意味合いも込めて売ったわけですが、丁度良い練習に
なりましたねぇ。

最近の売りの結果ですが…。
〇サイノコム    売値から-30%
〇中国国際コンテナ 売値から-25%
×ペトロ      売値から+7%
といった感じでしょうか。

サイノコムは小型株で値動きが大きそうだし、切り上げの
悪影響を受けるでしょうから、売って正解だったのかもしれません。
(今日は上げてますが…。悪材料出尽くしということかなぁ?いやぁ、どうだろうか…)

国際コンテナは、市況関連株の株価のピークを過ぎた(?)し、
切り上げの影響を受けるだろうから、売って正解だった
気がします。
最近のB株市場の下げ具合を考えると、タイミング的には
丁度良かったのかも…。

ペトロは、切り上げ後の資金流入が期待できそうだったから、
特に急いで売る必要はなかったのかもしれませんね。
でも、もうだいぶ買われた気がするから、今後はあまり
上がらない気もしますが、それでも、もっと多くの資金が
入ってきたら、まだ上がるかもしれないという気はしますね。
でも、そういう時に売るのは、悪くないと思えますよねぇ。

B株は、そろそろ買い候補をチェックしようかなと思って
いたら、上げてしまいましたね。
万科を買い増すぐらいしか考えていなかったのですが、
これはちょっと関心がなさすぎたかもしれませんねぇ。

B株は、上海振華港口機、中国国際コンテナ、万科企業の3つぐらいしか
意識してなくて、先の2つは、輸出企業でしょうから、買いの候補から
外れるのですよねぇ。
なので、万科ぐらいしか考えていなかったのですよね。
他の銘柄は、あまり情報を持っていないせいか、検討はほとんど
していませんでした…。

でも、中国株は優良銘柄だけである程度間に合いそうな気がしますから、
あれこれと余計なものに手をださずに優良銘柄をきちんとチェックして、
市場の影響で下げた時にそれらをきちんと買っていけば、いいような
気はしますが。

まぁ、今後どうするかを再度検討していきたいと思います。

あ、そうだ。
今日は、含み益が多少増えましたね。
そして、含み益がとある数字を越えました。
良かったです!

また、自分のポートフォリオは、既に輸出企業などのような
人民元切り上げの悪影響を受けそうな銘柄をだいぶ前から
外して、内需株ばかりにしていました。
私は来年に切り上げされると思っていたので、ちょっと
早いかなぁと思っていたのですが、そうでもなかったですね。
また、輸出企業で買いたいものもあったけど、手を出さないようにして
いたのですが、その判断は間違っていなかったようです。

でも、切り上げが実行されたから(2%とはいえ)、また考えを
新たにして、どうするかを検討していきたいと思います。
posted by コバヤシ at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

人民元切り上げ

いやぁ、驚きました。
人民元が2%切り上げされましたね。
私は、てっきり来年だと思っていたのですがねぇ。
ちょっと早いよなぁ、なんて。

でも、最近の株式市場のヘンな動きがこれで理解できた気がします。

個人的には、少しずつ買っていこうと思っていた銘柄があるので、
株価があがるのは、まだ先にしておいて欲しいですね。
ちなみに、円高が進んだせいで、含み益はそれなりに減りましたので、
嬉しいような、悲しいような、そんな状態です。

様子をみつつ、円高が進んで何か買えそうなら少しずつ
買っていこうかなぁ。

posted by コバヤシ at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。