2005年10月31日

「人を10分ひきつける話す力」

「人を10分ひきつける話す力」(斉藤孝)を読了。

ポイントは4つ
1、話にどれだけ意味があるか
2、ライブ感が大事
3、ネタの豊富さ
4、身体性(声の張り、トーン、身体全体の動き)

ひとまず、話の含有率を上げる訓練をしていきたいですね。
ここに焦点を当てて、ブログや対話を通して訓練して
いきたいです。

私は、普段の対話の量が少ないので、対話に関しては
まず量をこなすのが先ですかね。
#話さないと脳みそに残らないですからね。
#この認識が私は甘かったです。
#今の今まで…。

ブログでは、意味の含有率を上げる工夫をしていきたいですね。


posted by コバヤシ at 01:25| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕は週末のコーラスの飲み会で揉まれながら、会話能力を鍛えています(^^
Posted by ひろ at 2005年10月31日 02:20
おお、いいですね。
私もそういう定期的な会合に参加したいですね!
楽しくいろいろと学べそうですしね。
Posted by 小林 at 2005年11月01日 02:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『無敵の話す力』(藤村正宏)
Excerpt: 『無敵の話す力』(藤村正宏) ぜんにち出版、1,470円 オススメ度:★★★★★ 話す力をつけたい人には、とりあえず読んでほしい本です。めずらしく★5つ付けました。 話し方の本はたくさん出て..
Weblog: 日本一わかりやすいビジネス系書評サイト
Tracked: 2006-02-01 09:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。