2005年08月22日

明確な目標

株。
あれま、上げてるではないですか…。
意外と頑張ってるなぁ、と思ったり。


仕事。
今日は、仕事をしながら自分のプログラムスキルについてあれこれ
考えていたのだけど、どうもイマイチ感が拭えないですね。
全然上達していないというか。
これは、何かしら大きな原因があるに違いない。

そう思ってあれこれ考えていたのですが、1つ気づきました。
スキルアップに関しての明確な目標設定をしていない、ということに。
漠然とやっていても、そりゃ上達しないってねぇ。
なので、明確な目標設定をすることに決めました。

また、仕事に対してどういった姿勢で取り組んでいたのかを
振り返ってみたのですが、どうも私は、モノを作り上げる
ということを優先していたのですよね。

多少、プログラムが汚かろうが、C++の要素が薄かろうが、
そういったことはたいして気にせずにね。
いい加減、この姿勢を変えないとダメですね。

ということで、まずは明確な目標を設定することにします。

1、モデリング対象を見つける
今思えば、これだと思えるようなモデリング対象を設定して
なかったですね。
社内外の両方においてモデリング対象を見つけ出すことにします。

2、コードから取り組まずに、設計から取り組む。
ついついプログラムから入ってしまうので、それを止めて、
紙とペンを使ってまず最初に設計をすることにします。
マインドマップをすることにします。

でも、最近少しですが、ノートに書き出すのは板についてきましたね。
考え事をしている最中に、「とにかく紙にかけ!」と自分に言い聞かせてます。
また、人に説明するときも、ノートとペンを使って説明するようになりました。
これができるということは、自分の中にイメージが構築できているということ
だと思いますし、これはある程度身についてないと出来ないことだと思います。

3、綺麗なソースを書く
読みやすくて、思考のムラがないクリアなコードを書く。

クリアな思考は、私が苦手としているところなのですが、
目標としてやはり目指すべきものなので、頑張って身に
つけていきたいと思います。


あと、技術に関してのアンテナの精度が悪い…。
意識のギザギザが少ない…。

これは、なんでだろうと考えていたのだけど、結局、関心が薄いんですよね。
なぜ関心が薄いのだろうか?、とさらに考えていたのですが、先が見えて
いるというか、これ以上やってもなぁ、という思いがあるからですね。
やる意味ないよ、と思っているからですね。
#無意識の力は恐ろしいですね。
#現実となって立ち現れていますからねぇ…。
#また、自分はプログラムスキルよりも、例えばジェームスから成功哲学を
#学ぶといったことに重きをおいていたのは、間違いないですね…。

でも、これはどうも思い違いをしていると最近感じていますので、
視点を一歩引いてみて、この姿勢を検証していきたいと思います。


さらに考えていたのですが、技術屋は自分が使う技術にすごく関心をもっていますよね。
でも、私は技術を使ってどういったことをするかに、どっちかというと関心があるのですよね。
そこの差がデカイのではないか?、と思いました。
とりあえず、私の場合はもっとスキルを上げないとマズイというか恥ずかしい
状態なので、ちょっくら頑張って取り組んでいきたいですね。

螺旋状に発展させていきたいですね。
自分の能力をね。


あと、話はズレますが、科学技術という単語がありますが、
本来は、科学と技術は別物らしいです。
科学は「知る」ことで、技術は「作る」ことだそうです。
英語だと、Science and Technologyときちんと分かれて
表記されていることからも、それが分かるみたいですね。


【関連する記事】
posted by コバヤシ at 03:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 考え中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

online pharmacy valium
Excerpt: たまに来ますのでよろしくお願いします。
Weblog: online pharmacy valium
Tracked: 2006-10-13 15:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。