2005年07月31日

2つの軸

その道の達人で、人に説明するのが上手な方は、たいてい
2つの軸を使って、ものごとの説明をされていることが
多い気がします。

神田昌典さんの本や、斉藤孝さんの本、徒然の佐々木さんなどは、
2つの軸を使って、上手に説明されていますね。

ということで、2つの軸を使って、交流会について考えてみました。

交流会では、ずっと一定の場所にいるよりは、ある程度席を
動いた方が良いのは間違いありません。
しかし、それは、時間軸と密接に絡んでいると思われます。
最初からいきなりちょこまかと席を動くのもダメでしょうから、
最初は座ったところできちんとコミュニケーションをとって、
そこで十分にとったら、次に移るといったことが必要だと思います。

しかし、だいぶ時間も立つとみんな疲れも出てきますので、
最後の方で動いても、疲れのせいで十分なコミュニケーションが
とれなくなる可能性が高いと思われます。
(会のトータル時間にもよりますが…)

空間変更
|
|   @@@@@
|  @@   @@
|@@@      @@@
+----------------- 時間

ということで、”席を動くべき指数”をグラフで表すと、
だいたいこんな感じになるのではないか、と思いました。
時間がある程度たつと空間を変える必要性が高まり、
最後の方では、また、減少していくといった感じでしょうか。
まぁ、これは、あくまでも思いつきでしかないですけど。


ついでに、年齢と許容投資リスクをグラフで表すと、

許容投資リスク
|
|@@@
|  @@@
|    @@@@
|      @@@@@
|
+----------------- 年齢
といった感じかなぁ、なんて。

配当の重要性と年齢をグラフで表すと、

配当の重要性
|       @@@
|     @@@
|   @@@@
|@@@@@
|
+----------------- 年齢
こんな感じかなぁ。


以前、ホリエモンの本を読んで、すごく感心したこと。
それは、
「リスクが小さいなら、どんどんやってみればいい」
ということですね。
ホリエモンの本には、いろいろと書いてありましたが、
私が覚えているのは、この一節ぐらいですね。

これは、株に関してもいえると思います。
興味があるなら、わずかな金額でもいいから、投資してみることですね。
仮に10万円投資したものが、半分の5万円になったとしても、これは
はっきりいって、痛くはないですよね。
5万円分の授業料としては、全然普通じゃないでしょうか。
興味ある人は、まずはそういったところから、始めればいいのですよね。

これは、もちろん株以外にでも言えると思います。
語学を上達させたいなら、話す訓練をしないといけないのですが、
その時にカベになるのは、恥ずかしいという思いですよね。
でも、これは、リスクという観点から考えると、つたない外国語で
喋ることに関しては、全くリスクというのはないですよね。
逆に、恥ずかしいという思いから、喋らないでいることの方が、
とてつもなく大きなリスクだと思います。
#うわ、やべぇ…。
#私は、これを書いていてようやく気づきました(笑)。
#もっと話すようにしよう…。
#すぐ日本語を使っちゃうし…。


楽天のセミナーというのがあるようですね。
出展者のためのセミナーかな。
確かに、ネットショップを出すなら、まず、いの一番に
楽天を考えますよね。
こういうのを考えると、やはり、NO1をとることが、
如何に大切なことかを改めて思いました。

とにかく、NO1をとることですね。
NO1じゃなくてもいいと思うことは、経済戦争に
負けても良いと思っていることに等しい気がします。


交流会ではいろんな仕事をされている人がいますが、そういう人の
話を聞けることは、やはり、とっても有益なことだと思いました。
逆に、私からもいろんな有益なことを提供していって、Win-Winの形に
なっていけば、それはとても良いことだなぁと思いましたね。


具体的な夢があるのは、やはり良いですね。
それに従って、日々の行動が変わってきますからね。
レストランオーナーになるという夢があれば、自然と
食べものやお店に意識が向きますもんね。


お金に関して。
私の父親は、株などはまったくやっていなくて、お金に関して
とくに詳しくはありません。
ごく普通の田舎の人、というカテゴリーに入るのではないかと思います。
現在は、年金ぐらしで、趣味のパチンコをやりつつ、祖母の面倒を
みている、という暮らしぶりですね。
#祖母は何時の間にか(2年ぐらい前?)自力で歩けなくなってしまいました…。
#介護問題は、自分とは遠い世界の話だと思っていたのですが、そんなことは
#全くないようですね…。身近な問題なのですよ…。

田舎の生活でお金もかからないので、年金で十分にやっていけているとは思いますが、
若い頃から株をやっている黒竜江さんと比べると、明らかに違いが生じているなぁ、と
思った次第です。

また、私の同僚で、マンションを買った人がいるということは、以前このブログで
書いたのですが、彼は利息を払っているわけですが、私は株という資産を買って
いるので、彼とは逆に利息をもらっているという状況です。
明らかにお金に関しての違いが生じていますね。

こういった例をみても、お金に関する知識の有無の影響は、かなりでかいですね。

こういったことは、お金だけでなく、健康や、コミュニケーション、仕事などの
いろんな分野で言えると思います。

ジェームスが言う「違いをもたらす違い」に如何に気づくかですよね。

ジェームスの話によると、人が求めているものは、もう決まっていて、
それは4つの分野に分けられたと思います。(もうちょいあったような気もするが…)

お金
時間
健康
人間関係

だったかな。
ここら辺の分野で、もっと多くの気づきを得ていくよう努力していきたいですね。
(それぞれの分野で、目標を明確化しようかねぇ)


【関連する記事】
posted by コバヤシ at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。