2005年07月01日

質を上げると…

今日は、ジェームスのCDを久しぶりに聞きました。
聞いたのは、3つほどあったのですが、その内の1つの
「成功する企業の方程式」の内容が、かなり印象に残りました。
今まで何回か聞いたことがあるのですが、今回、いくつか
新たな気づきがありましたね。
そういうことを言っていたのかぁ、といった感じで発見がありました。

お客さんはモノやサービスを買うことで何を得ようとしているのか?
それは、「感情の変化」を得ようとしている。

モノやサービスの質を上げる
(感情の変化をより多くするために)

単価が上げられる

利益率が上がる

コストが下がる

儲けた利益を使って
さらに質を上げる
安くする
従業員や株主に還元

安くて質が良いわけだから、同業他社は恐れを抱くほどになる。
(言わば消費者独占企業になる!、ということですかねぇ)

”お客さんの感情を大きく上がられるような質の良いモノや
サービスを提供しよう!”

ということで、質を上げることが如何に大事かがよく分かりました。
また、0円(や1円)でできるようなサービス(1枚のカードなど)や、
新規顧客開拓はコストがかかる(リピート客の方が何倍も利益率が良い)
といった話もありましたね。
ここら辺は、竹田陽一が本で書いているのと通じるものがありますね。

安売りするよりも、質を上げるべきなようですね。
単価が10%上がったら、利益率は2倍にもなるのだから。
(たいてい利益は単価の10%ぐらいしかないらしいので)

ちなみに、CMをするというような発想をする企業は、
あまりよろしくないそうです。
CMしないと売れない、ってことだから。


コーチングのブログを拝見。
プロコーチングの野口さんは、学生の頃、
かなりの神経質な人だったみたいですね…。
ちょっとこれには正直言って驚きました…。
人を相手に商売をしている人が、まさかそうだったとは…。
ブログに書いてありますが、人間は変わることが出来る
ものなんですね…。
いやはや、これは、かなり勇気がでる内容でした…。
人間は自分が望むような人物になることができるものなんですよ。
さて、どういう人物になろうか?
きちんと考えてみるべきだな。
明確化するべきだな。


「今日の良かったこと・感謝したいこと」
今日は2つ。
1つ目は、晩御飯時に試しに飲んでみた芋香ナイ茶(タロイモミルクティー)
が結構おいしかったのが、良かったです。
2つ目。
今日、体験記セットのお申し込みを1つ頂きました。
ありがとうございました!
さらなるたくさんのお申し込み待ってます!
http://www.kanei.org/china_stock/taikenki.html


【関連する記事】
posted by コバヤシ at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。