2005年06月04日

最近思ったこと

上海に来て4ヶ月がたちますが、現時点で思ったことを少し書き出してみました。

昨日の夜の10時半過ぎに帰宅していたのですが、その時繁華街のすぐ
横の道を通るのですよね
ここら辺は、夜の10時を過ぎてもお店をやっている所も多いし、
人も結構見かけられます。

こちらのお店は、夜10時閉店だったり、夜中の2,3時までやってたり
する所もあって、概ね遅い時間まで営業しています。
労働基準法もなにもあったもんじゃないな、と思えてしまいますね。

で、そういった中で、路上で果物を売りに来ている農家の人々がいるのですが、
夜の11時ぐらいになっていたとは思いますが、そういう時間帯でも、2,3人
ほど見かけられました。

私の個人的な感想ですが、こういった人々は、他にたいしてすることがないから、
あまり売れてもいないけどこうやって道端で遅い時間まで立っている、って感じに
見えました。

仮にここら辺の層が経済的な底辺だとします。

もうちょい上の層を、普通の会社に勤務してお給料をもらっている層だと仮定します。

こういった人たちは、これまた自分の勝手な想像ですが、月収で5000元とか
6000元とかではないかと思います。
日本円で言えば、まぁ10万円いかないぐらいでしょうか。
もっと幅は広いかもしれませんが、基本的にこちらで外資などが会社をやるのは、
コストを抑えるためなので、現地の人に払う給料はさほど多くはないと思います。

でですよ、こういった状況が大半だと思いますので、自動車などのお金がかかるものは、
どう考えても庶民には手が出せないですよね。
(1回の食事が8元ぐらいが普通なので、15元のクレープはやはり高いもののようですし)

車が売れているとしても、どこかまだ偏った状態で売れているのは、想像に難くないですよね。
会社間の取引でリベートもらって金回りの良い人たちが買ったり、企業が車を買ったり
とかはありえるでしょうが、庶民が車を買うのは、まだまだ先なのではないかと
思えますね。

つまり、庶民が自動車を買うような自動車ブームはまだまだ先ではないか?、ホンダの
アコードはブランド力があるって言ってたけど、一体どの層を踏まえてそういうことを
言っているのかよく分からない、少なくとも一般市民ではなさそうだ、といったのが
こっちで生活した限りでの私の個人的な感想です。

でも、ヤオハンの地下1階の自動車販売店で、フィットを熱心に見ていた女性と
そのグループを見かけたのを思い出すと、フィットぐらいの値段なら頑張れば
手に入るぐらいのものかもしれないと一瞬思ったのですが…。

仮に月収10万円だとしたら年収は120万円で、フィットが仮に100万円だと
したら、ほぼ年収と同じぐらいではないですか。

なんか計算が合わないというか相変らずピンとこない状態であります。

現在の中国は、外資の投資主導での経済成長でしょうし、まだまだコストが安いのを
武器として稼いでいる状態でしょうから、この路線が崩れたら、ちょっとしんどそうに
思えますね。

国内の消費の拡大なども期待されていますが、自分の周りの現状を見る限り、
そういうのはなかなかに時間がかかりそうな気がしました。


こちらでの商売に関しては、Qさんが言われているように可能性がありそうですね。
まだまだ発展の余地は多いにありそうなので。
この線で動くのが一案賢い方法のような気がします。
まぁ、かなり大変そうですが…。
(中国国内におけるお金の通り道をきちんと選ばないといけなさそうですが)


中国株ですが、最近思ったのは、機関投資家の動向をある程度知って
いないとダメそうに思いました。
例えば、機関投資家がどういう考えで中国株を見ているのかといったことは、
ある程度把握してないとダメそうですよね。
それらの影響は結構ありそうですし。
やはり、世界全体を踏まえた上で、中国株を候補の1つとして考えるのが、
ごくまっとうな方法な気がします。

また、長期投資で資産を増やすのが目的ならば、はっきりいって
中国株にこだわることはないですよね。
きちんと調べていけば、他の市場にも有望な銘柄はいろいろとありそうですし。
そうなると、非流通株の問題とかそういうのは気にしなくてよくなるでしょうから。

チャオダとかシナオガスは悪くないかもしれない、と思ったりしました。
これは、P株なので非流通株の問題とかないですし、多少伸びは落ちてきた気も
しますが、中国の発展とともに延びる余地はまだありそうな気がしますし。
でも、今から買うのは難しそうなので、持っているならそのまま持って
いてもいいのではないか、といった感じでしょうか。

高速道路などのインフラ系は、いくらか怪しい部分もありそうなので、
投資資金はきちんと回収しておきたいと思ったりしました。

ネット系は、悪くない気がしますね。
きちんと利益を出している所もありますし。

上海の不動産はバブルの可能性が高そうな気も。
恐くて手は出せませんね。

機関投資家の腰の座った資金が入ってくるのを踏まえて株を買っておく、
ってのはありなのかもしれないと思いました。
自分は、あまりこういうのは気にしていなかったのですが、今から
きちんと検討しておくのも悪くなさそうな気がします。


現時点での考えを書きとめておくのが目的ですので、勘違いもいろいろと
ありそうですが、ひとまず試しに書いてみた次第です。
今後も引き続き、少しずつ調べていきたいですね。


posted by コバヤシ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。