2005年05月28日

「利食い千人力」

株について。

一時期、+150%ほどいっていたアンフィ・コンチ・セメントが
気づいたらかな〜り下がっていますね…。
完全に売りそこなったようです…。
ものの見事な失敗ですね、こうなると。

「利食い千人力」という利益確定をすることの大事さを説いた株の格言が
あるようなので、同じような失敗を二度としないように、ここに書き
留めておこうかと思いました。
中国国際コンテナも、売りそこなった気がしてならないですね…。

人に自慢したくなったときが売り時だというのがありますが、もしかして
これはかなり当たっているのではなかろうかと思う今日この頃です。

はっきりいって、2.5倍になった時点で、十分OKな気がしますよね。
少なくとも半分は売っても問題なさそうです。
特に市況関連株は。
成長株はなかなか売りにくいですが。
でも、成長株といえどもどこかのタイミングで売って資金を
回収しておかないといけないでしょうけど。

アンキ高速が気づいたらセッコウ高速と同じぐらいの株価になっていますね。
信じられない。

私は当初、高速道路株は、セッコウ高速、江蘇高速、アンキ高速を買っていて、
早々にアンキ高速は売り払ったのですが、まさか、こういうことになるとは
思いませんでした。

この件で、割安で上げる余地がある株を買う方が、リターンが大きい
ということがはっきりと分かりましたねぇ…。
アンキ高速は既に終わっていると思うので、それ以外ですかね、買うとしたら。
深セン高速ぐらいしかもう残っていない気がしないでもないが…。
まぁ、高速道路にこだわることは特にないでしょうけど…。


posted by コバヤシ at 13:06| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「利食い千人力」って確かにそうですよね。
自分も蒙牛乳業を上場初日に買ってアホールドしていたら、今じゃ+10%くらいになってしまってます。(最大上昇時は+62%でした)
売り時はすんごく難しいんですね〜。。
Posted by kelderke at 2005年05月30日 15:20
私は、デンウェイ、アンフィコンチ、中国国際コンテナと3回ほど失敗していますね。
というか、3回同じような経験をして、ようやく売りの失敗とはどういうことかに
気づいたといった方がいいかもしれません。
(理解するのに2年かかった…(笑))

一番いいのは自分なりのルールを決めておいて、それを機械的にやることなんでしょうけどね。
例えば2倍になったら半分売るというのがありますが、
でも、そう簡単に2倍にはならないから難しいですよねぇ。

まぁ、やっているうちに少しずつ理解度は上がっていくもののようですので、
次は失敗しないようにお互いに頑張りましょう!
Posted by 小林 at 2005年05月31日 02:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。