2005年12月06日

寒くなりました

土曜から、こちらは物凄く寒くなりました…。
今朝は、寒い上に風が吹くので、出勤途中
耳が痛くてしょうがなかったですね…。
帰宅時も冷たい風が吹きまくってましたね…。

仕事。
バグです、バグがでました。
厄介そうなバグが…。
頑張ってみつけるしかないですね。
ふぅ。

株。
株のことをあれこれ勉強するにつれて、今もっている
銘柄の不十分さがちょっとずつ分かってきた気がします。
少しずつより良い銘柄にシフトさせていきたいですね。

儲けてお金があまってしょうがなくて、それで自社
株買いや配当金を出すような企業の株を持つように
するべきでしょうね。
長期的に持つ場合は、こういう見込みがあるかどうかを
きっちりとチェックしていくべきかなぁ、と思いました。

それ以外としては、利益倍増で株価が急騰する確率が高そうな
銘柄を買ったり、一時的な業績悪化で株価の回復が明らかに見えて
いるような銘柄を買ったりといった感じでしょうかねぇ。

利益倍増で株価急騰は、今までのでぱっと思いつくのは
デンウェイ
中国国際コンテナ
東方電機
不動産銘柄
アンフィ・コンチ・セメント
中海発展
あたりですかねぇ。

一時的な業績悪化で株価回復は、
トラベルスカイ
コフコ
江蘇高速
あたりがあったと思います。


インフラ銘柄あたりは、どっかのタイミングで国の事情が優先されて、
株主の利益を損なわれそうな気がしないでもないですね。
そういや、セッコウ高速道路は、いつのまにか杭州湾大橋に出資する
ことになっていましたしねぇ。
稼いだ利益が国の発展のために振り向けられたりするのかなぁ、
とか思ってしまいましたね。


【関連する記事】
posted by コバヤシ at 02:54| Comment(4) | TrackBack(1) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1年ほど前になりますが、思い切って銘柄を整理してみました。

以前は高速道路セクターだけでも江蘇高速道路、浙江高速道路、四川高速道路を保有してました。整理した理由は、同じセクターは同じ方向に株価が動くことが多いからです。それで増益率の割りに株価が冴えない浙江高速と四川高速を売却して、拡張工事により一時的に業績悪化している江蘇高速道路を3.2HKD付近で買い増ししました。

自動車セクターでは華晨中国汽車と吉利汽車を売却して駿威汽車を買い増ししました。売却した2銘柄は駿威汽車の含み益の大半を吹き飛ばしてしくれました。保険セクターでは中国人民財産保険を売却し非鉄金属セクターを持ってなかったので紫金砿業を購入しました。不動産セクターでは、上海陸家嘴(40万円損切り)を売却し、万科企業を買い増ししました。

それから消費関連では上海友誼と聯華超市を持ってましたが、本日上海友誼を売却(7万円損切り)しました。後日、空港・港湾セクターの銘柄を買おうと思ってます。ざぼんさんの掲示板や私のブログでも書きましたが、北京首都国際空港が魅力的に思えるので購入する予定です。

銘柄整理でけっこう手数料かかってしまいましたが、今思えば銘柄整理を実行して正解だったような気がしないでもないです。今後は自動車と銀行セクターの銘柄を複数購入するかもしれませんが、数年以内には1・2銘柄に絞り込みたいと思ってます。

Posted by STAK at 2005年12月06日 22:03
江蘇高速は、私も少し買っていたのですが、予想より早く株価が上がってしまって、
あまり買えませんでしたね。
ちょっと残念でしたね…。

デンウェイは、私は高値で少し買い増ししたので、
それは完全に失敗でしたね。
あと、吉利汽車でもだいぶ損しました…。

北京国際空港は、EPSの希薄化が懸念されて
いたようにも思いますがどんなもんでしょうか。
株を始めた当初は、少し持っていたのですが、
最近は全然チェックしてなかったですねぇ。

銀行は私も少し買っておきたいですね。
機会を見て少し何か買いたいですね〜。
Posted by 小林 at 2005年12月07日 01:48
北京国際空港のEPSの希薄化は仕方ないことだと思います。世界の主要都市の空港を見るとわかりますが、乗客数・発着数の伸びの応じて拡張工事を繰り返しています。そのために大幅なコスト増となるわけですからEPSが下がってしまうというわけです。

小林さんはエアバスA380という2階建ての新型機材をご存知でしょうか?実際にデビューするのは来年みたいです。現在の空港の設備ではこの大型機材には対応してないので各国の国際空港で拡張工事をしています。現在の中国では中・長距離の移動もバス・電車が主流となっています。しかし、庶民が飛行機に乗れるようになると、長距離移動の主流は飛行機になると思います。そうなった場合、空港は満杯になって滑走路の増設、ターミナルビルの増設となります。それに対応できなくなったら郊外に第2空港が出来るというわけです。北京の場合は数年毎に拡張工事しなければいけないと私は予想しています。

それから2泊3日で東京から大阪へ行く場合、新幹線代だけで往復26,000円、それに宿泊費がかかってしまいます。ANAスカイホリデー、HIS、近畿日本ツーリストなどで航空券とホテルがセットになったものでも2万円台後半くらいです。東京-福岡、東京-札幌でも繁忙期以外は2泊3日で2万円台後半くらいです。高速鉄道が発達した後は価格の競争で飛行機のほうが早く移動でき、料金も大して変わらないか、むしろ安くなるので飛行機を利用する人が増えるというわけです。

余談ですが、中国国際航空の国際線の格安料金を調べたところ、東京→上海→ロンドン→北京→東京で51,000円〜、東京→上海→ロサンゼルス→北京→東京で61,000円〜でした。東京←→上海、東京←→北京より少し高い程度です。

※得意分野なので何故かファンダメンタルズで分析してしまいました

Posted by STAK at 2005年12月07日 02:15
なるほど、やはり世の中の流れを考えると、
発展していくのは間違いなさそうですね。
そういえば、プドン空港も、便が増えて以前より
税関が込むようになったと聞きました。
人の往来が着実に増えていっているのが、こういう
ところからも分かりますね〜。

中国国際空港の格安料金って、すごい格安ですね!
なんで、ロンドンまでいったりしているのに、5万円
ちょいなんでしょうねぇ。
不思議ですねぇ。
私がこの前日本に帰ったときの値段とあまり変わらないですよ(笑)。

Posted by 小林 at 2005年12月08日 02:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

1日5分で3万円を稼ぐ!ものぐさデイトレ必勝法
Excerpt: こんなやり方、本でも雑誌でもインターネットでも見たことありませんでした・・・。1日5分で3万円を稼ぐ!ものぐさデイトレ必勝法※期間限定!
Weblog: 副業で年収1億円ナビゲーター
Tracked: 2006-11-03 17:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。