2005年12月05日

「やりたいことをやれ」

資産運用についてあれこれと考えていました。
次への足場をどうにかして作らなければ
ならないなぁ、と思いましたね。

夕方外に出たら、えらい寒かったですね…。
あまりの寒さにビックリしました。
急遽、太平洋百貨で暖房器具を買いました。
店員とやりとりしたのですが、なかなか苦労しますね。
言葉がなかなか通じませんねぇ。
もっと勉強しないとイカンなぁ、と痛感しました。

そういえば、今日食事をしに行ったときも言葉で苦労しましたね。
まぁ、通じなくてもなんとかなるのですが、もっときちんと
意思疎通をしてなんとかするLVにもっていきたいですねぇ。

CSMのプログラムをやろうかと思ってパソコンの前に座ったのですが、
つい先日買った「やりたいことをやれ」(本田宗一郎)をなにげに手に
とって、そのまま最後まで読んでしまいました…。

本田宗一郎は、徹底的に自分でイチからやることにこだわったというか
そういう感じがしましたね。
安易な手段を選ばずに、苦労してでもいいから自分なりのやり方でやる、
といった感じでしょうか。
そういう哲学が、組織の底力をつけていったのだろうなと思いましたね。

また、デザインにも結構こだわっていたようですね。
技術だけではないのかなぁ、と思いました。

経営は、完全に藤沢武夫に任せていたようですね。

まず人間ありき、という姿勢がかなり強くありますね。
技術や科学は結局は人間のためのものだ、といった考え方ですね。

あと、芸者遊びもかなりやったようですね。
遊ぶこと自体もかなり意欲的にやったというか、そういう感じでしょうか。

結局は、モノ作りということに人生を賭けた人だ、ということでしょうかね。
それに尽きると思いました。
そういうLVでやらないと世界一にはなれない、ということでしょう。

私も頑張っていきたいですね。
人の役に立つような仕事を思う存分できるように、
頑張っていきたいですね。


【関連する記事】
posted by コバヤシ at 01:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

敬愛する企業人・藤沢武夫翁に学ぶ「水魚の交わり」のありかた。
Excerpt: 親愛なるアッティクスへ 以前、藤沢武夫という人物について触れたことがありましたが、覚えておいででしょうか? 企業人として私が敬愛する人物です。 改めて、触れておきますと、藤沢武夫という人..
Weblog: 平太郎独白録 親愛なるアッティクスへ
Tracked: 2006-01-11 16:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。