2005年07月30日

「エンジニアは株をやれ!」

交流会に行ってきました。

そこで聞いた話などを振り返りつつ、
帰宅してからあれこれと考えました。

今の仕事についてですが、現在は開発経験で数年のアドバンテージが
あるからいくつか教えることもあるのですが、この効果は、あと2,3年
ほどでなくなってしまうかもしれません。
そうしたら、自分がこちらにいる意義がなくなってしまうので、
それははっきりいってマズイです。
(利益の源泉は「差異性」ですからね)

2、3年後の自分の現状を見据えつつ、それに対して今から
動いていかなくては、と思いました。
まぁ、その際たるものが中国語の修得でしょうねぇ。
そうすれば、自分の存在意義が、ある程度保てるのではないかと思いました。
(でも、これだけではまだ不十分かもしれませんねぇ・・・。開発力の向上
などもきちんとやらないといけないでしょうし…。)


今日は、他の分野のエンジニアの方と話したのですが、エンジニアの
共通の苦労をあれこれと聞けましたね。
エンジニア共通の問題が浮かび上がってきた、といった感じでしょうか。

最近思ったのですが、「エンジニアは株をやれ!」みたいなテーマが
もしかして言えるのではないかと思いましたね…。

サービス残業は当たり前で、給料は上がらずに、税金は増えて手取りは
減っていく、という流れが大半なような気がしますから、時間とお金が
足りないエンジニアは、資産構築のために、株などの資産を買うことは、
もしかしてとても重要なことではないか、と思いましたね。

エンジニアの仕事は、お金の通り道から離れていて、なかなか大きな
リターンが望めない気もしますし。


1年の語学留学で、かなりのLVまでいけるもんだなぁ、と思いました。
自分は留学ではないものの、気がついたらもう半年ぐらいいるわけで、
このままじゃマズイ!、と思いましたね。
まじで、きちんと勉強していかないといけません。
勉強というよりも、話して訓練していく、って感じですかね。


今日は、いろんな業種の方とお会いすることができました。
成功してそうなコンサルタントや、英語が当たり前のようにできる人と
直接会って話ができるということは、とても、刺激があることだと
思いました。
そういう人と少しでもあって話をするということは、自分の中に
具体的なイメージが構築されるということですから、この効果は
結構大きいのではないかと思いましたね。
ターゲットが明確化されるというかね。


会社の看板があると話がしやすいですね。
こういった形で、会社に属する恩恵を感じるとは、思ってもみませんでした…。


めちゃめちゃパワフルな、おっちゃんがいました。
体からエネルギーがあふれでてしょうがない、みたいな感じでしたね。
驚いちゃいました。

世の中には基本的なエネルギーの量がケタ違いに違う人がいるようですね。
自分は、どこからか漏れている気がしてなりません(笑)。
機能快という考え方がありますが、使えば使うほど機能がアップして
エネルギッシュになっていく、といった考え方だと思いますが、
そういう線で行動していったり、あとは、ジェームスの健康の
教えに従って、水をたくさん摂取したり、食べ併せや運動などをして
エネルギーを上げていきたいですね。
そういえば、運動は断然足りてないですねぇ。
水は結構飲んでいるかも。
最近は、食べ過ぎないように注意しています。


交流会では、基本的に同じ国同士の交流よりも、違う国同士の交流が
望まれているようですね。
よく考えれば自分も無意識のうちに、そういうのを望んでいたかもしれません。
日本語で話していたとしても、相手は日本人よりは中国人の方が
好まれるし、逆もしかりといった感じでしょうか。
こういう所にきちんと気づいていかないと、ダメなのかもしれませんね。


あと、ラポールとか相手の話をきちんと聞く、といった概念があるのと
ないのでは、えらい違う気がしますね。
知っている人と知らない人とでは、明らかに差が生じている気がします。
自分の主張を話すのに焦点を合わせているか、相手との共通点に
焦点を合わせているか、という違いが生じている気がします。

私は以前は、自分の考えをきちんと提示することが誠実であるし大事なことだと
思っていたのですが、そういうのよりも、共通点にポイントを置いて話を
することの方が、より大事なことだと思うようになりました。

あと、おもろい話をして笑わせようとするのは、ラポールという観点から
言えば、さほど重要なことではない気がしました。
自分の持ちネタばかり喋っていても、コミュニケーションは偏ったままですからね。
コミュニケーション欲に関して、不完全燃焼をおこしちゃいます。
(ネタが少ないとコミュニケーションのチャレンジ回数がぐっと減るでしょうけど…)

また、株とか資産構築に関する知識、もっと広く言えば、お金に関する
知識のあるなしにおいても、大きく違ってきますよね。
目に見えるぐらいはっきりとその違いが現れてきている気がします。
みんなお金が欲しいのに、その割には資産構築の基本的な知識さえもない、
といった感じがしないでもないですね…。
これは、明らかにおかしいと思います。

ラットレースからの脱出、という概念があるのとないのとでも、
また大きく違う気がしますね。
日々の行動が、明らかに違ってくる気がしますね

自分は、今気づいてないけど、気づくべきとても大事なことが、
まだまだたくさんあると思います。
そういうのを、なるべく早く見つけていくようにしたいですね。

こういうのに役に立って、抜群にコストパフォーマンスが良いのは
読書のような気がしますね。
芋ずる式な読書方法で、どんどん気づきの世界が広がっていくと思います。

最近、読書はあまりしてないので、これまた、きちんとやっていきたいですね。


ある程度年齢を経ると、どんな人にも苦労して培った経験があるわけで、
話をするときは、そういった経験をもとにした方が好まれてくる気がします。
逆に、年齢が若いと、そういった経験が少ないわけで、面白くて軽い話などが
好まれるような気がしました。
ラポール(共感)という観点から考えると、なるほど、どっちもありなのでは、
とか思っちゃいましたが。
でも、自分は、最近は明らかにおもろい話を聞くことよりも、その人の経験に
基づく話を聞いたり、逆にそういった話をする方が、断然好みですね。
(そういえば、糸井重里の対談方式は、こういった方向性にありますよね…)
(自分が熱心にほぼ日を読んでいたのも至極納得ですねぇ)


いくらスキルが高くも、基本的な考え方がマズイなら、スキルは伸び悩むだろうし、
また、スキルを有効に活用できないのでは?、という思いがあったので、
一時期、私は思想や考え方に興味を持ったりしました。
今だに、考え方の良し悪しは、スキル修得よりも断然優先されるべきことだと
思っていますし、おそらくそれはその通りではないか、と思います。


年をとると、その人の価値は、言わば経験ぐらいしかなくなっていく気がします…。
なので、おっちゃんが、経験にたよって偉そうに振舞うのも、ごく当然なこと
なのかもしれない、とふと思いました…。


posted by コバヤシ at 04:01| Comment(4) | TrackBack(2) | 考え中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。