2005年07月16日

考え中

木曜日のことについて考えたことや学んだことをメモしておきます。

木曜日は、とある方のお別れ会でした。
こちらに来てすぐ知り合ったとある方が、故郷の方に
戻られることになったのですよね。
この方はとても人柄がよくて、楽しい感じの人でした。

金曜にはカラオケでも、という話もあったのですが、
時間的な都合もあって、木曜日が最後となりました。
淋しくなりますが、まぁ、しょうがないことですね…。
出会いがあれば、別れがあるのは必然ですし。

また、上海に来るということは、いずれは、上海から
去るということでもありますよね。
自分もいずれ去る時がくるから、その時までに悔いのない
ようにやっていこうと思いました。

貿易について。
聞いたところ、原価の数%〜十数%が儲けだそうで、
結構少ないそうです。
つまり、多くの量を取り扱わないと、十分な金額に
ならないみたいですね。

また、国同士で決められた輸出量の規定があるみたいですね。
そこで、商売が左右されることもあるようで、なかなか厄介
な印象を受けました。

キックバックについて。
これは、やはりあるみたいですね。
工場にいって商品を注文するとき、これがあなたの分ですよ、
という感じで渡されるように見受けられました。
これは、受け取る人もいれば、受け取らない人もいるようですね。
私は、みんな普通に受け取るものだと思ってました…。

とあるビジネスをやっている人が、最近は仕事が順調そうに
推移しているように見受けられました。
頑張ってやってらっしゃるみたいですね。
素晴らしい。
自分と年齢はほぼ一緒なのですが、こういう人が目の前に
いることに、驚きを覚えないでもないですね…。
やればできる、というのを目の当たりにした気がします。

貿易をやっている人で、英語ができる人がたくさんいるみたいですね。
先日、不動産関連で有名な藤山さんの本(第二段の本)を読んだ
のですが、藤山さんは、中堅会社で商社をやってらしたようで、
この本の中でも、貿易をやるなら英語は必須だ、といったことが
書いてありましたね。

そういえば、自分より全然若い人なのに、日本語もできるし英語も
できるという人が結構いるのに驚きます。
人間、やればできるものなんだなぁ、と思ったりしてしまいました。

藤山さんが、競売不動産用のタネ銭の1000万円を
1年で作り上げたのも、結構な驚きでしたけどね。
この方は、決めたことを実現する能力が高いのではないかと
思ってしまいましたね。
宅建の勉強で、教科書を50回読み直しただけというエピソードを
みても、普通じゃない感じがしますし。

ちなみに、藤山さんの第二番目の黄色本は、かなり良いですね。
藤山さんのいろんな智恵や経験が凝縮されてたっぷりと
詰まっているように思いました。

自分の今の現状は、やはり、会社の恩恵をかなり受けていますね。
周りのいろんな方の話をきいて、自分の現状に対する理解が
少し進んだ気がしました。


posted by コバヤシ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。