2005年07月10日

「普通の人がこうして億万長者になった」

「普通の人がこうして億万長者になった」(本田健)を読了しました。

億万長者に「なる」ためにも、以前に買っておいたこの本を引っ張りだして、
一気に読んでみました。

多少、本田健さんのフィルターが入っている気がしないでもないですが、
それを踏まえた上でポイントを挙げるとしたら

・自分の好きなこと、得意なことを一生懸命やる
・人との関係を大事にする

ということが挙げられるようですね。
これは、基本中の基本なのかもしれませんね。


億万長者の内訳として多かったのが、

ビジネスオーナー(27%)
専門家(24%)
会社役員(24%)
相続(18%)

ですね。

あとは、不動産を専門にやっている人やスポーツ選手だったりするようです。
これらは全部で7%ぐらいかな。

ビジネスオーナーが入ってくるのはよく分かりますが、
専門家や会社役員が意外と多いのに驚きました。

専門家は、医師とか会計士ですね。
弁理士もいました。
やはり、サムライ業は、結構良い商売なのかもしれませんねぇ…。

ビジネスオーナーも、専門家も、会社役員も、目の前の仕事を
一生懸命こなすのが大前提ですよね。
で、一生懸命やるには、自分がそれを好きでないとなかなか
やれないですよね。

こういうことが考えられるので、

・自分の好きなこと得意なことを一生懸命やる

というのが億万長者の共通点として浮かび上がってくるのだと思いました。


あと、気になったのは
「投資を1年から10年のスパンで考えている」
「まず先に与えること」
「人よりも勤勉になること」
「パートナーを大事にすること」
などです。

でも、一番思ったのは、とにかく一生懸命人生を頑張ることが、
億万長者になるための王道的な方法のようだ、ということです。

こういう姿勢をまず根底として構築することが、かな〜り大事な
ことだと思います。
「なる」ということは、そういうことなのではないでしょうかね。


posted by コバヤシ at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テクニカル

株。
株のテクニカルなことについて、自分の考えを整理するためにも
以下に書き出してみます。

チャートの本をいくつか買ったのですが、どれも複雑で難しく感じていたのですが、
「株はこうして売りなさい」で解説してあった、「トレンドライン」があれば、
自分の場合は、ひとまずOKな気がしますね。

なんだ、これだけでいいんじゃないか?、といった感じでしょうか。

なんでチャート本には、あれこれと、難しいことがたくさん書いてあるのだろう
という気がしないでもないですが、まぁ、投資スタンスが違えば、チャート本に
書いてある小難しそうなことも必要になってくるのでしょうね。
おそらく。

最近の買いで良かったのは、とある銘柄が下げトレンドから反転して、
上げトレンドになって、一旦下値支持線に近づいた時に買ったのですが、
これはタイミング的にはやはり良かったですね。
教科書通り、といった感じでしょうか。

あとは、RSIと出来高をチェックしていますね。
RSIは、分かりやすくて良いですね。
RSIが高いと、とりあえず買うのは控えていますね。
RSIが低いからといって、必ず買うわけではないですが。

出来高は、暴落時の様子をみる時に使っていますね。
出来高が大幅に増えないと、手を出さないようにしています。
(でも、何回か手を出して失敗してますが)

ひとまず、自分の場合は、これぐらいしか見てないですが、もっと
良い方法はあるでしょうから、少しずつ改善はしていきたいですね。


財務状況のチェックに関しては、大雑把に把握するために、
佐々木さんの「決算書で分かる儲けの極意」に記述されたことを
使ってチェックしていますね。
完全に分かるわけではないですが、何かの基準がないと判断のしようが
ないので、ひとまずこれを使っています。
このチェックで100%OKというわけではないでしょうが、
それでも、このチェックの有効性は比較的高いような気はします。


あとは、PER、PBR、時価総額、配当利回りなどをチェックしているって感じかなぁ。
posted by コバヤシ at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関心の輪、影響の輪

「7つの習慣」のメモ書きを何気なく読み返していました。

>関心の輪は「持つ」ことに満ちている。
>「家さえもてれば幸せになれる」
>「もっと親切な上司を持っていたら…」

>影響の輪は、「なる」ことに満ちている。
>「私はもっと忍耐強くなれる」
>「もっと賢くなれる」

で、これを読んで「なる」ということについての理解が少し進んだ気がします。

関心の輪は、自分がコントロールできない領域で、
影響の輪は、自分がコントロールできる領域なのですが、
「なる」ということは、影響の輪の中で実際に行動する、
ということなのでしょうね。

ですので、経済的自立を持つことに関心があるのなら、まずは、
自分がコントロールできる領域で、経済的自立をもっているのに
ふさわしい人物に少しでも近づくような行動すればいいのではないでしょうか。

簡単に言えば、お金のことに関して勉強したり、資産を買ってみたりと
いったことを自分のできる範囲から少しずつやればいいのですよね。

それが、「なる」ということだと思いました。

また、よくQさんが、「政治のことをあれこれ気にするよりも、
まずは自分の身近なことを気にした方が良いですよ」と言われたり
していますが、それも、この「なる」ことと同じことだと思いますね。

自分のコントロールできる領域からまずは動いていきましょう、ということですね。


あと、「相場師一代」(是川銀蔵)のメモ書きから…。

>「カメ三則」とは、
>1、銘柄は水面下にある優良なものを選んでじっと待つこと
>2、経済、相場の動きからは常に目を離さず自分で勉強する
>3、過大な思惑はせず、手持ち資金の中で行動する

1番に関してですが、私は株をやり始めた当初、目先の業績が
良さそうな銘柄ばかりに目がいっていましたね。
この姿勢が多いにマイナスに働いたのは、2004年の初頭に入ってからの、
鉄鋼株、素材株、自動車株の購入時でした。
購入後の暴落でだいぶ損したのですが、ここでようやく1番の意味が分かりましたね。

株は、今後のことを予想して、先回りして買っておかないといけないのですよね。
私は株式投資の経験がなかったので、今後の予想が全然できていなかったのですよね。
やり初めて分かったのですが、半年ぐらい動かなかった株価が、突然ボンと
跳ね上がったりするものなのですよね。
そういうことを、私は経験がなかったせいで、全然理解できてなかったですね。

また、中長期の投資スタンスという観点から考えると、下げるリスクが
少ないという条件をまず最初に持ってきたほうが良い気がしますね。
この後に、時間の経過とともに会社の業績&株価の上昇が期待できる
という条件がくるような気がします。

この条件での買いが、”水面下の優良な銘柄を買う”ということに繋がるかと思いました。

問題点としては、時間がかかるということでしょうかね。
これに関しては、しょうがないことだと自分は思っていますが。


2番に関してですが、相場や経済は、ある程度見つづけないとやはりダメだと思いますね。
ほんの僅かな時間でもいいから、毎日チェックだけはしていった方が良い気がします。
そうしないと、チャンスが来たときに、おそらくチャンスを取り逃してしまうと思いますので。

また、「買ってからほったらかしにした方がよいですよ」という記述をよく見かけますが、
これは、あくまでも割安株での中長期の投資をした時の条件であって、短期だったり
間違って高値で買ったりした場合に、ほったらかしにしたら大変な目に合いますよね。
市況関連株を、成長株と間違えて割安だと思って買って、ほったらかしにしていたら、
おそらく結構な損をするのではないかと思いますし。

3番は、これは「信用取引は止めましょう」ということなのではないかと思いました。

ということで、たった三行の「カメ三則」ですが、私はある程度の投資経験を
積んでから、ようやくその意味が分かってきた気がします。
経験なしにこの三行を読んでも、本質を理解するのはなかなか難しいですよね。


あと、
「”時代を先読みする目”を買え」
という記述もありました。
中国政府が今後の中国という国の経済的な発展を考えて、
現在取り組んでいるのは間違いないですよね。
中国政府が時代の先読みをしているのは、間違いないかと思います。

そういう観点から考えると、非流通国有株の問題などもありますが、
個人投資家にも多いにチャンスはあるのではないかと、勝手ながらに
思ってしまいました。


以上、今の自分の考えを整理するために、試しに書き出してみた次第です。
posted by コバヤシ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 考え中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交流会

今日は、中日交流会へ行ってきました。
会社の友達と二人で行ってきました。
いろんな方と話ができて良かったです。

あと、夜からは、YMCA主催の音楽会に行ってきました。
慈善音楽界という副題がついていたのですが、どうやら
この時に集めた入場料は、貧しい地域の子供達のための
教育関連の資金として使われるそうです。

こういうことをやっている人たちがいるということに、
私は正直言って感動しました…。
些細なことなのかもしれませんが、たくさんいる子供のうち、
教育を受けられて良かったなぁ、と思える人が中には必ず
いるのではないかと思います。

最近の自分は、資産を増やして経済的自立を手に入れること
ばかりを考えていたので、全く違った次元で活動をしている
人たちと触れ合えたのでそれが良かったですね。

自分も長いスパンでみて、何かしらの行動をとれるように
なっていきたいものですね。
できれば、Qさんみたいな、仕事を作り出して社会に貢献する
ようなものがいいですけどね。


株。
ということを書きつつも、相変らず株のことも書いてしまう自分であります。(^^;
アメリカ市場の様子が、ちょっと変わってきたかもしれませんね。
自分の持ち株で今まで低迷していたとある業種がだいぶ買い進まれた感じがします。
プロの方も仰っているようですが、これは要注目なのかもしれませんね。


「今日の良かったこと・感謝したいこと」
YMCAの活動を少しでも体感できたのが良かったです。
posted by コバヤシ at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。