2005年07月31日

2つの軸

その道の達人で、人に説明するのが上手な方は、たいてい
2つの軸を使って、ものごとの説明をされていることが
多い気がします。

神田昌典さんの本や、斉藤孝さんの本、徒然の佐々木さんなどは、
2つの軸を使って、上手に説明されていますね。

ということで、2つの軸を使って、交流会について考えてみました。

交流会では、ずっと一定の場所にいるよりは、ある程度席を
動いた方が良いのは間違いありません。
しかし、それは、時間軸と密接に絡んでいると思われます。
最初からいきなりちょこまかと席を動くのもダメでしょうから、
最初は座ったところできちんとコミュニケーションをとって、
そこで十分にとったら、次に移るといったことが必要だと思います。

しかし、だいぶ時間も立つとみんな疲れも出てきますので、
最後の方で動いても、疲れのせいで十分なコミュニケーションが
とれなくなる可能性が高いと思われます。
(会のトータル時間にもよりますが…)

空間変更
|
|   @@@@@
|  @@   @@
|@@@      @@@
+----------------- 時間

ということで、”席を動くべき指数”をグラフで表すと、
だいたいこんな感じになるのではないか、と思いました。
時間がある程度たつと空間を変える必要性が高まり、
最後の方では、また、減少していくといった感じでしょうか。
まぁ、これは、あくまでも思いつきでしかないですけど。


ついでに、年齢と許容投資リスクをグラフで表すと、

許容投資リスク
|
|@@@
|  @@@
|    @@@@
|      @@@@@
|
+----------------- 年齢
といった感じかなぁ、なんて。

配当の重要性と年齢をグラフで表すと、

配当の重要性
|       @@@
|     @@@
|   @@@@
|@@@@@
|
+----------------- 年齢
こんな感じかなぁ。


以前、ホリエモンの本を読んで、すごく感心したこと。
それは、
「リスクが小さいなら、どんどんやってみればいい」
ということですね。
ホリエモンの本には、いろいろと書いてありましたが、
私が覚えているのは、この一節ぐらいですね。

これは、株に関してもいえると思います。
興味があるなら、わずかな金額でもいいから、投資してみることですね。
仮に10万円投資したものが、半分の5万円になったとしても、これは
はっきりいって、痛くはないですよね。
5万円分の授業料としては、全然普通じゃないでしょうか。
興味ある人は、まずはそういったところから、始めればいいのですよね。

これは、もちろん株以外にでも言えると思います。
語学を上達させたいなら、話す訓練をしないといけないのですが、
その時にカベになるのは、恥ずかしいという思いですよね。
でも、これは、リスクという観点から考えると、つたない外国語で
喋ることに関しては、全くリスクというのはないですよね。
逆に、恥ずかしいという思いから、喋らないでいることの方が、
とてつもなく大きなリスクだと思います。
#うわ、やべぇ…。
#私は、これを書いていてようやく気づきました(笑)。
#もっと話すようにしよう…。
#すぐ日本語を使っちゃうし…。


楽天のセミナーというのがあるようですね。
出展者のためのセミナーかな。
確かに、ネットショップを出すなら、まず、いの一番に
楽天を考えますよね。
こういうのを考えると、やはり、NO1をとることが、
如何に大切なことかを改めて思いました。

とにかく、NO1をとることですね。
NO1じゃなくてもいいと思うことは、経済戦争に
負けても良いと思っていることに等しい気がします。


交流会ではいろんな仕事をされている人がいますが、そういう人の
話を聞けることは、やはり、とっても有益なことだと思いました。
逆に、私からもいろんな有益なことを提供していって、Win-Winの形に
なっていけば、それはとても良いことだなぁと思いましたね。


具体的な夢があるのは、やはり良いですね。
それに従って、日々の行動が変わってきますからね。
レストランオーナーになるという夢があれば、自然と
食べものやお店に意識が向きますもんね。


お金に関して。
私の父親は、株などはまったくやっていなくて、お金に関して
とくに詳しくはありません。
ごく普通の田舎の人、というカテゴリーに入るのではないかと思います。
現在は、年金ぐらしで、趣味のパチンコをやりつつ、祖母の面倒を
みている、という暮らしぶりですね。
#祖母は何時の間にか(2年ぐらい前?)自力で歩けなくなってしまいました…。
#介護問題は、自分とは遠い世界の話だと思っていたのですが、そんなことは
#全くないようですね…。身近な問題なのですよ…。

田舎の生活でお金もかからないので、年金で十分にやっていけているとは思いますが、
若い頃から株をやっている黒竜江さんと比べると、明らかに違いが生じているなぁ、と
思った次第です。

また、私の同僚で、マンションを買った人がいるということは、以前このブログで
書いたのですが、彼は利息を払っているわけですが、私は株という資産を買って
いるので、彼とは逆に利息をもらっているという状況です。
明らかにお金に関しての違いが生じていますね。

こういった例をみても、お金に関する知識の有無の影響は、かなりでかいですね。

こういったことは、お金だけでなく、健康や、コミュニケーション、仕事などの
いろんな分野で言えると思います。

ジェームスが言う「違いをもたらす違い」に如何に気づくかですよね。

ジェームスの話によると、人が求めているものは、もう決まっていて、
それは4つの分野に分けられたと思います。(もうちょいあったような気もするが…)

お金
時間
健康
人間関係

だったかな。
ここら辺の分野で、もっと多くの気づきを得ていくよう努力していきたいですね。
(それぞれの分野で、目標を明確化しようかねぇ)
posted by コバヤシ at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

「エンジニアは株をやれ!」

交流会に行ってきました。

そこで聞いた話などを振り返りつつ、
帰宅してからあれこれと考えました。

今の仕事についてですが、現在は開発経験で数年のアドバンテージが
あるからいくつか教えることもあるのですが、この効果は、あと2,3年
ほどでなくなってしまうかもしれません。
そうしたら、自分がこちらにいる意義がなくなってしまうので、
それははっきりいってマズイです。
(利益の源泉は「差異性」ですからね)

2、3年後の自分の現状を見据えつつ、それに対して今から
動いていかなくては、と思いました。
まぁ、その際たるものが中国語の修得でしょうねぇ。
そうすれば、自分の存在意義が、ある程度保てるのではないかと思いました。
(でも、これだけではまだ不十分かもしれませんねぇ・・・。開発力の向上
などもきちんとやらないといけないでしょうし…。)


今日は、他の分野のエンジニアの方と話したのですが、エンジニアの
共通の苦労をあれこれと聞けましたね。
エンジニア共通の問題が浮かび上がってきた、といった感じでしょうか。

最近思ったのですが、「エンジニアは株をやれ!」みたいなテーマが
もしかして言えるのではないかと思いましたね…。

サービス残業は当たり前で、給料は上がらずに、税金は増えて手取りは
減っていく、という流れが大半なような気がしますから、時間とお金が
足りないエンジニアは、資産構築のために、株などの資産を買うことは、
もしかしてとても重要なことではないか、と思いましたね。

エンジニアの仕事は、お金の通り道から離れていて、なかなか大きな
リターンが望めない気もしますし。


1年の語学留学で、かなりのLVまでいけるもんだなぁ、と思いました。
自分は留学ではないものの、気がついたらもう半年ぐらいいるわけで、
このままじゃマズイ!、と思いましたね。
まじで、きちんと勉強していかないといけません。
勉強というよりも、話して訓練していく、って感じですかね。


今日は、いろんな業種の方とお会いすることができました。
成功してそうなコンサルタントや、英語が当たり前のようにできる人と
直接会って話ができるということは、とても、刺激があることだと
思いました。
そういう人と少しでもあって話をするということは、自分の中に
具体的なイメージが構築されるということですから、この効果は
結構大きいのではないかと思いましたね。
ターゲットが明確化されるというかね。


会社の看板があると話がしやすいですね。
こういった形で、会社に属する恩恵を感じるとは、思ってもみませんでした…。


めちゃめちゃパワフルな、おっちゃんがいました。
体からエネルギーがあふれでてしょうがない、みたいな感じでしたね。
驚いちゃいました。

世の中には基本的なエネルギーの量がケタ違いに違う人がいるようですね。
自分は、どこからか漏れている気がしてなりません(笑)。
機能快という考え方がありますが、使えば使うほど機能がアップして
エネルギッシュになっていく、といった考え方だと思いますが、
そういう線で行動していったり、あとは、ジェームスの健康の
教えに従って、水をたくさん摂取したり、食べ併せや運動などをして
エネルギーを上げていきたいですね。
そういえば、運動は断然足りてないですねぇ。
水は結構飲んでいるかも。
最近は、食べ過ぎないように注意しています。


交流会では、基本的に同じ国同士の交流よりも、違う国同士の交流が
望まれているようですね。
よく考えれば自分も無意識のうちに、そういうのを望んでいたかもしれません。
日本語で話していたとしても、相手は日本人よりは中国人の方が
好まれるし、逆もしかりといった感じでしょうか。
こういう所にきちんと気づいていかないと、ダメなのかもしれませんね。


あと、ラポールとか相手の話をきちんと聞く、といった概念があるのと
ないのでは、えらい違う気がしますね。
知っている人と知らない人とでは、明らかに差が生じている気がします。
自分の主張を話すのに焦点を合わせているか、相手との共通点に
焦点を合わせているか、という違いが生じている気がします。

私は以前は、自分の考えをきちんと提示することが誠実であるし大事なことだと
思っていたのですが、そういうのよりも、共通点にポイントを置いて話を
することの方が、より大事なことだと思うようになりました。

あと、おもろい話をして笑わせようとするのは、ラポールという観点から
言えば、さほど重要なことではない気がしました。
自分の持ちネタばかり喋っていても、コミュニケーションは偏ったままですからね。
コミュニケーション欲に関して、不完全燃焼をおこしちゃいます。
(ネタが少ないとコミュニケーションのチャレンジ回数がぐっと減るでしょうけど…)

また、株とか資産構築に関する知識、もっと広く言えば、お金に関する
知識のあるなしにおいても、大きく違ってきますよね。
目に見えるぐらいはっきりとその違いが現れてきている気がします。
みんなお金が欲しいのに、その割には資産構築の基本的な知識さえもない、
といった感じがしないでもないですね…。
これは、明らかにおかしいと思います。

ラットレースからの脱出、という概念があるのとないのとでも、
また大きく違う気がしますね。
日々の行動が、明らかに違ってくる気がしますね

自分は、今気づいてないけど、気づくべきとても大事なことが、
まだまだたくさんあると思います。
そういうのを、なるべく早く見つけていくようにしたいですね。

こういうのに役に立って、抜群にコストパフォーマンスが良いのは
読書のような気がしますね。
芋ずる式な読書方法で、どんどん気づきの世界が広がっていくと思います。

最近、読書はあまりしてないので、これまた、きちんとやっていきたいですね。


ある程度年齢を経ると、どんな人にも苦労して培った経験があるわけで、
話をするときは、そういった経験をもとにした方が好まれてくる気がします。
逆に、年齢が若いと、そういった経験が少ないわけで、面白くて軽い話などが
好まれるような気がしました。
ラポール(共感)という観点から考えると、なるほど、どっちもありなのでは、
とか思っちゃいましたが。
でも、自分は、最近は明らかにおもろい話を聞くことよりも、その人の経験に
基づく話を聞いたり、逆にそういった話をする方が、断然好みですね。
(そういえば、糸井重里の対談方式は、こういった方向性にありますよね…)
(自分が熱心にほぼ日を読んでいたのも至極納得ですねぇ)


いくらスキルが高くも、基本的な考え方がマズイなら、スキルは伸び悩むだろうし、
また、スキルを有効に活用できないのでは?、という思いがあったので、
一時期、私は思想や考え方に興味を持ったりしました。
今だに、考え方の良し悪しは、スキル修得よりも断然優先されるべきことだと
思っていますし、おそらくそれはその通りではないか、と思います。


年をとると、その人の価値は、言わば経験ぐらいしかなくなっていく気がします…。
なので、おっちゃんが、経験にたよって偉そうに振舞うのも、ごく当然なこと
なのかもしれない、とふと思いました…。
posted by コバヤシ at 04:01| Comment(4) | TrackBack(2) | 考え中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

問題

仕事。
とある部分で問題が発生したので、それを調査していたら、
帰りがだいぶ遅くなってしまいました。
で、そのまま、就寝。

しかし、世の中には、睡眠時間が4、5時間で済む人もいるようで、
(信じられない)なんともうらやましい、と思ってしまいました。
自分はちゃんと寝ないと、どうもダメですね。

株。
万科が相変らず調子良いですね。
デンウェイが上げたので、そのおかげで含み益も多少増えましたね。
この調子だと、様子見がしばらく続きそうですね。
見るだけで、何もすることはなさそうです。

posted by コバヤシ at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOC

仕事。
今日、Mac miniを触りました。
ゲーム機みたいな形で、ちょっと驚きましたね。
CDを入れるときは、恐る恐るいれました(笑)。
(今までみたことない形状でしたので)

FTP関連で、今日はえらい時間をくいました。
締め切りに関しては、FTPでの転送を考慮して、
1日は余裕をみてやらないとマズイですね。
今後は、FTPの転送時間も考慮して、スケジュールを
立てないといけませんねぇ。


TOC。
今日、TOC(制約条件の理論)というものを教えてもらいました。
極簡単に言うと、
「ボトルネックを見つけて、そこを解消していきましょう」、
といったことでしょうか。
リソースは有限ですから、ボトルネックとなる部分を見つけて、
そこの改善に集中していくべきですね。
そこが改善されたら、次は、別のボトルネックとなっている部分を
また改善していく、そしてまた…、といった感じでしょうか。

「ザ・ゴール」も、いずれ読んでみたいですね。


株。
今日は、持ち株は概ねちょい上げたかな。
そろそろ上げるのも限界じゃなかろうか、と思ってしまうのですが、
まぁ、どうでしょうかねぇ。

万科は、えらい上げるな。
少しでもいいから買い増ししておきたかったなぁ、なんて。


佐々木さんのメルマガを読みました。
配当をきちんと出しつづける株は、とても強力なんですね。
全然、知らんかった。
ここら辺はもっと意識するべきですね。
長年もっていて、気づいたら投資額と同じ金額を配当として
出している、といった状況を目指すべきのようですね。
よし、そういう銘柄を買うことも意識していこう。
果たしてそういうのが何かあるだろうか?


「今日の良かったこと・感謝したいこと」
TOCを教えてもらいました。
良かったです!
ボトルネックを解消すべく、動いていこうっと。

自分の人生におけるボトルネックは、何かないかな?
posted by コバヤシ at 03:25| Comment(9) | TrackBack(1) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

仕事

仕事。
今日は、ちょっとした提出日でした。
昨日のうちに、ほぼ終わらせておいたのですが、
それで丁度良かったですね。
ソフト作業は、何かと時間がかかるので、前倒しでやっていって、
丁度良いか、それでもちょっと遅いぐらいなのが、ほとんどですね。

まだ、いくつか問題が残っているので、明日からはそれを片付け
ないといけませんね。
そして、大きな問題も、いくつかあるので、それらは、えーと、
どうしようかねぇ。


株。
私の持ち株は、今日はまちまちでしたね。

しっかし、電力銘柄は上げるまでまだまだ時間がかかりそうですねぇ。
華能国際などは、切り上げをきっかけとして、もうちょい上げるのを
期待していたのですがねぇ。
電力ばかりだったらちょっと苦しそうな展開ですねぇ。
やはり、分散投資は必要だなぁ、と思いました。

あ、そうだ。
分散投資という観点からは、石油銘柄はもっていても良かったな。
下げたら買いなおそうと思っていたのだけど、そういう欲を出したのが
まずかったですかね。

最近、とある銘柄のチャートを観察していて思いました。
トレンドが反転してじりじりと上げていたのですが、今日は結構上げたのですよね。
しばらく前に、この押し目で買いだよなぁ、とか思ったのだけど、イマイチ買う勇気
がなくて、そのままにしていたら、証券会社から推奨が出たせいか、ポンと上げて
しまいました。

じりじりと上げているやつが、何かのきっかけでガクンと下げてくれないかなぁ、
と思っていたのですが、そういうのは稀なのでしょうね。
じりじりと上げている以上、下げるときは少ししか下げないのでしょう。
つまり、可能性が少ないことを期待し過ぎていて買いそびれたということですかねぇ。

「今日の良かったこと・感謝したいこと」
今日のお昼は、今までに行ったことのないお店に行きました。
良かったです!
posted by コバヤシ at 02:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

集中

仕事。
きょうは、かなり集中して仕事をやれました。
今まで修得した技術をつかって、どんどん組み立てるという
作業がほとんどでしたので、疲れを感じずにもりもりやれた
といった感じでしょうか。
人間、楽しいことをやっていれば、不思議と疲れは感じないものですね。

コヴィー博士は、刺激に対してどういう反応をするかを選ぶ自由がある、
と言われていますが、極力、良い反応を選んでやっていきたいですね。
今日のようなことを体感するたびに、つくづくそう思います。

同じ作業をやっていても、その時の気持ちや感情でまったく違ってきますからね。
不思議なもんです。


株。
あれ?、もう切り上げ祭りは終わりなの?、といった感じでしょうか…。
まぁ、長いスパンでみれば、まだ、期待できそうな気がするので、
落ち着いたところを見計らって少しずつ買いましていきたいですね。
何か良いのがあればですが。

あと、意外と円高にならないですね。
また、112円台に戻ってるし…。
これじゃ、資金を追加し難いですよねぇ。

B株はすごいっすね。
万科はまた結構上がってますね。
もう見てるだけですねぇ。


そうだ。
今日の仕事で思ったのだけど、自分は、慣じみがない分野で
思考錯誤しながら時間をたくさんつかってやらなければならない
ようなのは、極端に嫌っているような気がしました。
新しいことに挑戦しているんだから、チャレンジしているんだぞ、
といった気概をもってやるぐらが丁度いいのでは、と思いましたね。
ついつい、面倒くさいなぁ、と思ってしまうのですよね。
そこら辺を、今後、少しずつ改善してきたいですね。


「今日の良かったこと・感謝したいこと」
今日は、集中して仕事がやれたことが良かったです。
他の人とやりとりしながら、共同して作っていくというのは、
いいもんですね。

posted by コバヤシ at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

株について

株。
今日は、帰宅してから、あれこれと株について考えていました。

資金流入期待の大型株を、何か少し買ってみようかと
考えたりしていました。
今さらどうなのか?、と思わなくもないですが、
少し買うぐらいなら例え失敗しても問題ないのでは?、
と思ったりも…。

ペトロを売ったのはもったいなかったですね。
微々たる量だったので今後株価があげてもたいして儲けが
でるわけではないのですが、少しでもいいから持っていた方が
精神的に良いということが分かりました(笑)。

極力、タダ株を作っておくのを目指すべきなのかもしれませんねぇ。
今回の失敗を生かして、次回に必ず生かしたいと思います。

しかし、ペトロは完全にバイ&ホールドで良かったですね。
さすが、バフェット銘柄といったところでしょうかねぇ。
posted by コバヤシ at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

ハイQを読んで

ハイQを読みました。

>とすれば次に「金持ちになれる人」の活躍する舞台は
>日本国内よりは中国大陸、
>もしくは双方をつなぐ路線上にあることは
>はっきりしています。

うむむ、なるほど。
中国には、まだ、成熟していない分野がたくさんあるのは、
間違いないです。
これは、こちらにきて生活して思いました。
これがつまりチャンスということなんですね。

普通は、暮らし難いとか不便だとか思うだけですが、
それは、見方を変えれば、チャンスなのですよね。

いろんなところにまだまだあると思います。
気合入れて探していこうよ。
自分にもできることが、何かあるかもしれんよ。


>不動産の買い方と株の買い方を
>しっかり身につけて、
>大きなしくじりをしないように心がければ、
>個人の財産はそれなりにふえるものなのです。

株をはじめて思ったのですが、株をやっているのとやらないとでは、
資産形成に関して雲泥の差がありますね。
でも、周りでやっている人は、ほとんどいないのですよね。
なぜなら、株は損するものだというイメージが定着しているからですね。
最近は、株の本もたくさんでて、だいぶ状況は変わってきた気がしないでも
ないですが。
そういう自分も、株はどうせ損をするものだと、真剣に思っていましたが…。
実際にやってみて、その考えを改めるべきだと痛感しましたね。

リスクを抑えて少しずつ増やす方法を修得すれば、多少時間はかかるかも
しれないけど、サラリーマンでもなんとかなる気がします。

そういえば私の知り合いが、マンションを買ったのですが、毎月のローン
などが思ったよりも大変そうで、副収入が欲しいと漏らしていました。

買ったのは、新築マンションですから、金銭的な面からすると、
損するモノ以外のなにものでもないですよね。
そりゃ、厳しくなるよ、と言いたいところですが、既に買ったあとですから、
そういうことを言うわけにもいきませんでしたね…。
#彼とは1回、一緒にキャッシュフローゲームをやったのに・・・。
#学んでいなかったのねぇ。悲しいことです…。


>お金に働いてもらう代わりに
>自分が汗水垂らして働き、
>お金には怠け癖をつけてしまうような
>ノンキというか、ノータリンなやり方です。

うわ、なるほど。
銀行に預けているだけの人は、考えが足りないよ、ということですか。
まぁ、確かに…。


>お金があるから株で儲かるのではなくて、
>株で儲ける要領や才能を身につけているから
>お金がふえるのです。

そうか、まずは、その要領やコツを身につけるところからだなぁ。
自分はまだ分かってない部分があるからね。
でも、始めた時より、だいぶ理解が進んだ気がしますね。
実際にやれば、嫌がおうでも学んでいくものですよねぇ。


>結局同じ所にいても自分で次々努力して、
>毎日が自分にとって新しい日であるように
>努力することが大切です。
>どんな職業を選ぶかということではないと思います

最近、仕事がマンネリ化して面白くなくなってきたので、
創意工夫をして面白くしていきたいです。
posted by コバヤシ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(2) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

考え中

とある、ブログを読みました。

>せめて、どの段階でも、最初に先生へに対して感謝として
>ほめることぐらいは書いてメールしてほしいものですね。

うむむ、なるほど。
きちんとお礼から入るように、自分も気をつけなければ。
(自分はお礼をあまり言ってない気がする…)
そういえば、CSMの質問でも、お礼から入っている書き込みは、
気持ちよく返信できますね。
いきなり質問だけが書かれているのよりは、好印象なのは
間違いないです。
いやぁ、ちょっと勉強になったなぁ。


>印象に強く残るような学び方をしよう、ということです。
>そして、「印象を強く残すためには、対人で学ぶこと」と言われてました。

うむむ、なるほど。
中国語に関しても、対人で学ぶべきかもねぇ。
そういうので量をこなすべきかもね。

>さらに、グループで集まって、本で学んだ知識を実践するための練習(実
>践エクササイズ)をし合ったとします。

そうか。
そういう練習をしないから、なかなか自分は身につかないでいるのかもね。


>「ツキのある人になりたかったら、自分の中のツイてる部分と付き合いなさい。
> 短所を是正しようとするのではなく、長所を伸ばしなさい。
> 長所、得意なもの、自信のあるもの、好きなものを伸ばしていると、短
> 所は消えていきます。」
>
>これが有名な「長所伸展法」です。

う〜ん、なるほど。
自分の長所は何だろうか?
CSM開発は、自分の数少ない長所を生かした活動ですね。
よし、もうちょい頑張ってみよう。

株も相変らず興味をもってやり続けていますので、
これも長所に入るのかも。

自己啓発も結構好きな方ですね。
「なる」ためにも、考え方などをもっと学んでいったり、
中国語などのスキル系も学んでいきたいですね。


>ウォルト・ディズニーは、まず心の中にディズニーワールドを描き、それ
>を見たのです。
>だから、ディズニーワールドは現実のものになったのです。

うわ、なるほどぉ。
ジェームスの成功の9ステップが「決断」から始まりますが、
やはり、一番最初にそうしようと思うからこそ、それが現実と
なってたち現れるのですよね。
ディズニーワールドも、「決断」があったからこそ、現実化
されたのですよね。

自分も「決断」していこう。

よし、生涯現役と経済的自立獲得を「決断」しよう!

今日、CSMのプログラム中に、浜崎あゆみのCDを聞いたりしていたのですが、
その中に、
「次の信号、青になったら、走り出すことに決めたんだ」
という歌詞がありましたが、そういうもんだと思いますね。

決めた瞬間から始まるのですよ。
posted by コバヤシ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

CSM

今日も、CSMのプログラムをやっていました。
銘柄メモ機能を実装しました。
ごく簡単なものですが、それなりには使えると思います。

あとは、資産の表示項目を増やしてみたり、細かいバグを
修正したりしました。

さきほど、開発版のCSMを一旦更新しました。
まだ、十分に動作テストしてないのですが、
一応普通に動くかと思いますので、興味がある方はどうぞ。


考え中。
外食中に近くからビジネスについて話している声が少し聞こえていました。
詳細はよく分からなかったのですが、細かいことまできちんと調べるのが普通だ、
とか、中途半端な語学では騙されるのがオチだ、とかそういったシビアな話が
されていたようです。

サラリーマンとしてお給料をもらって生活している自分からみると、
世界がだいぶ違うように見受けられましたねぇ。

サラリーマンとして仕事をやっている以上、自由な時間は限られてくるので、
経済的自立をもっていて時間に余裕がある人と比べたら、話にならないよなぁ、
とか思ったりもしちゃいますね。
金持ちがますます金持ちになるのも、理解できる気がします。
まぁ、実際は時間があればそれでOKなほど世の中甘くはないでしょうけど。

今の仕事はそう簡単にやめれないですね。
自分は他にできることは特にないし、まだやるべきこともいくつか
残っていますしね。

でも、ゆで蛙にならないようには気をつけたいですねぇ。
今後の方針を決めるためにも、情報収集したり考えたりしていきたいですね。


先日、とあるイベントを見に行きました。
思ったよりも見るべきものがたくさんあったなぁ、という印象でした。
以前、ネットで調べたのですが、今回、直接自分の目で見れたことで、
だいぶ現実に対する理解が進んだ気がします。
業界の縮図が見れた感じでしょうか。
かなり勉強になりました。

あと、コンパニオンを見る限りでは、綺麗とかかわいいといった感覚は、
日本と全然変わらないのではないか、と思えてしまいましたね。


今日、改めて思いました。
中国語をもっとしっかりと勉強することと、こちらの社会をもっと
理解するべく動いていくこと、この2つに力をいれていきたいですね。
中期的なスパンでの仕込みとして、これらを取り組んでいきたいです。

中国語は、日常会話ぐらいは、問題なくこなせるようになりたいですね。
こちらにきて半年経ちますが、あまり上達していないのでこのままじゃマズイです。
対策を考えないといけませんね。
まずは、勉強時間を増やさないといけませんねぇ。


最近、おなかの調子がずっと悪いですね。
1週間ぐらい前に食べ過ぎた日があったのですが、それがまずかったです。
回復が若い頃に比べて、遅くなっているようなので(;_;)、
気をつけていきたいと思います。
今後は、常に腹八分でいくことにします!

歯の調子も、やっぱり悪いですねぇ。
レントゲンには映らない程度で、悪化している気がします。
posted by コバヤシ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

CSM

今日は、ずっとCSMのプログラミングをやっていました。

注目銘柄のとあるバグを直したり、機能を改善したり、
松井証券やマネックスビーンズ証券に対応したり、
細かい修正を行ったりしました。
(松井証券とマネックスビーンズ証券は、どちらも基本的に
UW証券と一緒ですね。手数料が若干ちがうぐらいで)

次は、銘柄別のメモ機能を実装したいと思います。
ついでに、業種別平均PERもやろうかなと思っています。
その後は、チャート系かな?

証券会社の手数料ですが、UW証券は、しばらく前の手数料変更で、
多少高くなりましたね。
今は、マネックスビーンズ証券が一番安いのではないでしょうか。
次点は松井証券ですかね。
その次に、UW証券になるかと思います。
(もしかしたら、シテイィバンク(香港)の方がもっと安いかも?)

シティバンク(香港)を使っている方から、要望があったので、
それも対応しているのですが、手数料がまだ十分には確認できて
いません。
(TTBやTTSもナゾです…。とりあえず、UW証券と同じに
しちゃってますが…。)

シティバンク(香港)の手数料は、取引額の0.25%で、最低金額は
100HKDという設定らしいので、それでやっているのですが、松井証券
などと比べてもだいぶ安いですね。
もっと他に手数料がかかっているのではないか?、という気もしますが、
まぁ、少しずつ調べていくしかないですね。

posted by コバヤシ at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

切り上げ後初日

仕事。
とあるところで手間取ってしまい、会社を出たのが
午前0:30になってしまいました。
一応、問題を解決させたので、それは良かったですね。
素晴らしい。
しこりを残さずに済みましたね。

株。
今日は、切り上げ後初日でしたね。
株価にどの程度の反応があるかが気になっていたのですが、
個人的には思ったより反応したなぁという印象でした。

特に、B株と不動産株がすごかったですね。
私は万科をもっているのですが+10%ですもんね。

でも、もっているものが上昇する分には問題ないから
いいのですが、買おう買おうと思っていたとある不動産
銘柄が結構上げてしまい、そちらの方ばかり気になって
しまいました(笑)。

H株は、上げてはいますが、それほどでもない気がしますね。
ある程度織り込んでいたからでしょうかねぇ。

でも、今後、切り上げは少しずつされるでしょうから、
それを期待した資金が少しずつ入ってきそうな気がするので、今後を
楽しみにしつつ自分の資金も少しずつ入れていきたいですね。

しかし、現在の自分の資産の7割ちょいが中国株なので、これ以上
突っ込むのもどうかなぁ、という思いもあります。
(切り上げ期待で資金が入って来たときこそが、売りかもしれませんしねぇ)

でも、資金流入期待銘柄と不動産銘柄を少し買ってみようかなぁと
欲を出したりしています(笑)。

ペトロを売ったのはもったいなかったかもしれませんねぇ。
練習の意味合いも込めて売ったわけですが、丁度良い練習に
なりましたねぇ。

最近の売りの結果ですが…。
〇サイノコム    売値から-30%
〇中国国際コンテナ 売値から-25%
×ペトロ      売値から+7%
といった感じでしょうか。

サイノコムは小型株で値動きが大きそうだし、切り上げの
悪影響を受けるでしょうから、売って正解だったのかもしれません。
(今日は上げてますが…。悪材料出尽くしということかなぁ?いやぁ、どうだろうか…)

国際コンテナは、市況関連株の株価のピークを過ぎた(?)し、
切り上げの影響を受けるだろうから、売って正解だった
気がします。
最近のB株市場の下げ具合を考えると、タイミング的には
丁度良かったのかも…。

ペトロは、切り上げ後の資金流入が期待できそうだったから、
特に急いで売る必要はなかったのかもしれませんね。
でも、もうだいぶ買われた気がするから、今後はあまり
上がらない気もしますが、それでも、もっと多くの資金が
入ってきたら、まだ上がるかもしれないという気はしますね。
でも、そういう時に売るのは、悪くないと思えますよねぇ。

B株は、そろそろ買い候補をチェックしようかなと思って
いたら、上げてしまいましたね。
万科を買い増すぐらいしか考えていなかったのですが、
これはちょっと関心がなさすぎたかもしれませんねぇ。

B株は、上海振華港口機、中国国際コンテナ、万科企業の3つぐらいしか
意識してなくて、先の2つは、輸出企業でしょうから、買いの候補から
外れるのですよねぇ。
なので、万科ぐらいしか考えていなかったのですよね。
他の銘柄は、あまり情報を持っていないせいか、検討はほとんど
していませんでした…。

でも、中国株は優良銘柄だけである程度間に合いそうな気がしますから、
あれこれと余計なものに手をださずに優良銘柄をきちんとチェックして、
市場の影響で下げた時にそれらをきちんと買っていけば、いいような
気はしますが。

まぁ、今後どうするかを再度検討していきたいと思います。

あ、そうだ。
今日は、含み益が多少増えましたね。
そして、含み益がとある数字を越えました。
良かったです!

また、自分のポートフォリオは、既に輸出企業などのような
人民元切り上げの悪影響を受けそうな銘柄をだいぶ前から
外して、内需株ばかりにしていました。
私は来年に切り上げされると思っていたので、ちょっと
早いかなぁと思っていたのですが、そうでもなかったですね。
また、輸出企業で買いたいものもあったけど、手を出さないようにして
いたのですが、その判断は間違っていなかったようです。

でも、切り上げが実行されたから(2%とはいえ)、また考えを
新たにして、どうするかを検討していきたいと思います。
posted by コバヤシ at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

人民元切り上げ

いやぁ、驚きました。
人民元が2%切り上げされましたね。
私は、てっきり来年だと思っていたのですがねぇ。
ちょっと早いよなぁ、なんて。

でも、最近の株式市場のヘンな動きがこれで理解できた気がします。

個人的には、少しずつ買っていこうと思っていた銘柄があるので、
株価があがるのは、まだ先にしておいて欲しいですね。
ちなみに、円高が進んだせいで、含み益はそれなりに減りましたので、
嬉しいような、悲しいような、そんな状態です。

様子をみつつ、円高が進んで何か買えそうなら少しずつ
買っていこうかなぁ。

posted by コバヤシ at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CSM

今日は、帰宅して、CSMのプログラムをやりました。
掲示板にあった要望(というか問題)に対処したのと
注目銘柄をある程度改善したのが以前と違う所です。

注目銘柄は、まだ作りが粗いので(削除するときに確認とか
していないので…)要改善ですね。

お昼に、辛めの玉子チャーハンを食べたのですが、
ちょっと胃にもたれましたね…。
失敗しました。

CSMをいじっていたら、夜の2時半ぐらいになりました…。
これは、明日がきつそうです。
早く寝よう…。

株。
円安のおかげもあって、今日は含み益がいくらか増えましたね。
また、今日は、大き目の買いが入ったような感じでしたね。
最初、うわっ、キター、とか思ったのですが、途中から
それほどでもなかったですね。

「今日の良かったこと・感謝したいこと」
CSMを一旦更新しました。
良かったです。
posted by コバヤシ at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

中国会社情報、スイス人銀行家の教え

今日帰宅したら、亜州IRさんから、中国会社情報が届いていました
どうもありがとうございます!
早速中身を見てみたのですが、最近上場した交通銀行なども掲載されていますね。
また、いくつか銘柄情報をみてみたのですが、きちんと最近の情報も取り込まれて
いるように見受けられました。
前回よりも文字が見やすくなったようですし、なかなかいいのではないでしょうか?、
とさりげなく(?)宣伝しておきます。(^^;

「スイス人銀行家の教え」
さっと読みました。
これは、かなり良いですね。
本田健さん、よくこういうのかけるなぁ、すげーなぁ、と思いながら読んでました。

この本から得たインスピレーションがあるのですが、それは、
「ゼロからビジネスを作り出せる人になること」
です。
これを目指そうかと思いました。

また、本文中に
「人が並んでお金を渡しに来るようなビジネス」
という記述がありましたが、そういうのをやはり目指すべきだと思いました。

上述のような人間に「なる」ことを目指していこうと思いますし、その第一歩として、
自分の身近なものからきっちりと実行していきたいと思いました。

具体的には、まずは、CSMをもっとパワーアップして、それこそ、
「ぜひお礼としてお金を払いたい」と思ってくれるようなLVに
したいと思いました。
こういうことを実践することで、「なる」ことができるのでは
ないかと思った次第です。

大変だけど、やはり目指すべきはこういうところだと思います。

仕事。
とある処理ループととある処理ループの辻褄を合わせるべく、昨日から
難儀していたのですが、ようやくできました。
途中から、処理ループをノートに書き出していったのが良かったですね。
ソースをみているだけじゃ、どうもはっきりしないので、ノートに書き出し
てみたのですが、見る見るうちに理解できました。
もっと早くからやるべきでしたね。
やはり、書き出すことで、客観化ができるのですよ。
このことは、よく覚えておきたいですね。

歯医者。
レントゲンまでとって調べてもらったのですが、
問題なし、という結論になりました…。
おかしいなぁ、レントゲンには映らないけど、明らかに痛みを
感じるんだけどなぁ、と思いつつ、そういえば以前もこういうことが
あったなぁということに気がつきました。
ひとまず、膿んでないということが分かったので良しとしましょう。
治療費は、1万円ぐらいかかりました…。
多少面倒な手続きをすれば、保険分の7割ぐらいが戻ってくるはずですが…。

「今日の良かったこと・感謝したいこと」
今日は、仕事やその他のことで、良いことが続きました。
PCのセットアップも、山を越えて(ネットワークウィルス対策に時間がかかった…)
ようやく終わりましたし。
CSMの開発がこれで可能となりましたね。
よし、頑張って取り組もう。
posted by コバヤシ at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

日常

昨日からOSの入れ替えをしているのですが、
なかなか思うように進みません。
でも、少しずつ進めるしかないですね。

仕事。
夕方頃からなんか急に疲れが出てきました…。
土日と外を出歩いたので、疲れがたまったのかな?
今日は、早めに休みたいと思います。

おなかの調子も、イマイチよくありませんね。
ここ数日、胃腸に負担をかけすぎたようです…。
休ませてあげなきゃ、いけませんねぇ。

歯が急に痛くなってきました。
治療した歯の中のほうが膿んでいるようです…。
しょうがないので、早めに歯医者へいくつもりです。
(良くないことが立て続けに重なりましたねぇ)
(十分な栄養と休養をとりたいと思います)

株。
B株がえらい下げてますね…。
何があったのでしょう…。

佐々木さんのメルマガですが、今日は祝日なのでお休みとありますが、
1週間に1回しか配信していないのだから、そりゃないでしょう!、
とツッコミを思いっきり入れたくなりました。


「今日の良かったこと・感謝したいこと」
中国語の授業を受けました。
良かったです!
posted by コバヤシ at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

本屋へ

本屋へ行きました。

外国語書店と上海書店に行きました。
現在、中国語授業で使っている教科書を購入したり、
HSK用の単語帳を買ったりしました。

「今日の良かったこと・感謝したいこと」
本屋へは二人で行きました。
いろいろと案内してもらいました。
感謝いたします!
posted by コバヤシ at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

交流会

交流会に行ってきました。
今回もまた、いろんな方とお会いして、いろんなお話を聞けました。

外国語が堪能な方、駐在で来られている方、現地採用でやってらっしゃる方、
国籍を複数もった方、留学生の方、そういったいろんな方が自分の目の前に
いらっしゃるというだけでも、かな〜りの刺激や学びがありますね。
また、現実社会の一部を垣間見れる感じがして、とても良いですね。

以下、思ったことを取りとめもなく…。

コミュニケーションを積極的に取ろうとしている人は、
体全体の動きがやはり違いますね。
話をしていると、全体でそういうのを感じとれます。
裏を返せば、あまり積極的に取ろうとしていない人は、
話していれば分かっちゃう、ということでもありますが。
言葉と体の動きが一致していないというか。
今回は、コミュニケーションという観点からも、ちょっとした
気づきが得られました。

なんで、コミュニケーションを積極的に取ろうとするかというと、
それは、単にその方が面白いからですよね。
人間の脳は、痛みを避けて快楽を求める、という原則から考えると
そうなりますよね。
あまり取ろうとしない人は、そこに痛みを感じるからですよね。
こういうのは極論に近い気がしないでもないですが、生理学的な
次元で考えればそうなってしまうとは思います。

斉藤さんの本で、立ち位置の重要性を説かれていましたが、
それは、本当だなぁと思いますね。
ずっと同じところにいるよりも、時間とともに多少は位置を
変えた方が場が活性化されて良いようですね。
ずっと同じ所にいるだけだと、場が淀んでくるのかもしれません…。
(でも、動きすぎるのも良くないかもしれませんが)

技術系の人間は、技術的な方向で頑張れば頑張るほど、
人との関わりの時間が減ってしまうように思いますね。
(技術的な面での人との交流は増えるかもしれませんが)
ベクトルが内に向かってしまうのは、必然な気がします。

そういえば、藤山さんは商社マン時代に人付き合いを大事にしていたけど、
とあることを契機に、まったく逆の方向に動いたみたいですね。
無駄な人との付き合いの時間を省いて、より有益なことに時間を使う
ようにした、といった感じでしょうか。
これを読んで思ったのですが、自分が目指す大事なことを明確化して、
それに向けて動いていくことが、やはり大事なことだと思いました。
そのために自分の時間を惜しみなく使うべきですね。
自分の時間は、いわば、自分の命ですからね。

技術者は、お金の流れから遠いところにいますよね。
文系出身の平均給与が、理系出身の平均給与を途中から追い抜く
というデータがあるそうですが、そういうことからもそれが
言える気がします。
儲けを出す仕組みを作った人が、その恩恵に預かる可能性が
高いように思いますね。
人間一人の動きに対しての付加価値が高いのでしょう。
技術者の仕事は、基本的にはモノを作り出すだけであって、
儲けを出すということと、どうも一歩離れた距離にいる
感じがするのですよね。
あくまでもコストという意味合いでのお金の流れの中に
いる感じがします。

基本的に工場労働者と変わらないのですよね。
使うのが体か脳ミソかという違いだけで。
脳ミソの使い方が抜群に上手い人もいるので、中にはたくさん
お給料をもらっている人もいるでしょうが。

私が入社してすぐの時に会社の様子をみて思ったことがあるのですが、
それは、私の母親が勤めていた工場の様子と一緒じゃん(最新の
コンピュータを駆使してソフトを開発する場所なのに)、ということでした。
もちろん会社の雰囲気などは全然違いますが、本質的な部分は同じな
気がしたんですよね。
そのときに感じたことは、間違ってはいませんでしたね。
まぁ、従業員というくくりで考えれば一緒ですからね。

ロバート・キヨサキの4つのクワドランドで言えば、
同じEの領域ですもんね。

パーツ系のメーカーというのがあるようですが、ニッチな
領域で勝負しているところは、市場に対してほぼ独占的な
位置にいるようですね。
私がいる業界は、比較的グローバルな競争がされているのですが、
こういったニッチな業界は、どんな感じなのかがよく知らないので、
かなり気になりますね。

ブログやネットに時間を使いすぎるのも、やはり問題です。
自分の目標に向けて、時間を有効に使うべきですね。
私は、基本的に日記やブログは、自分の考えを促進させるツールとして
使っていこうと思っているので、それ以上のことに時間を費やしない
ようにしたいですね。
じゃないと、結果が出せないから。
アウトプットを出すための時間が確保できないから。

上海の生活ですが、水と空気があまり綺麗ではない、というのは
多くの人の共通的な意見だと思います。
こういう観点から、質の良い生活を送りたいのなら、上海は
選択肢から外れてしまうと思います。

水や食べものの質が、肌の綺麗さにも結構な影響を与えている
気がしましたね。
東北地方は美人が多いといいますが、それは、肌の綺麗さを
言っていると思いますし、それは、食べものの綺麗さが
要因なのではないかと思いました。

頭がいい人は、脳ミソのシナプスの連携が良いというイメージがしますね。
知識が多くて、それらが有機的に結びついているのでしょう。
キーワードに反応して、脳ミソの中に蓄積されている情報が
さっと検索され、そして、取り出せる感じでしょうか。
その連携が太くなるような訓練を日頃から無意識のうちにやって
いる気がします。
基本的に、そういうのが好きなのでしょう。
快楽を感じるのでしょう。

ぼんやりとした感じがする人は、そのぼんやりとした感じが
好きなのだと思います。
潜在意識の中でそういう意識があるのでしょう。
きっと。

自分の考えがあって、それにこだわって動くというのは、
大事なことなのかもしれませんね。
もし間違っていたら、フィードバックが返ってきますから、
その時に修正すればいいし、うまくいけば、その時は
そのままでいいですし。
まずは、自分なりの価値観を構築して、それに基づいて行動して
いくと良い気がしました。
ぼんやりしていたら、ぼんやりとした結果しか手に入らないようなので。

自分の目指す方向へ向けて、軌道をまずは大雑把でもいいから決めて
実際に動いていって、途中で軌道修正を随時やっていけばいいのですよね。
posted by コバヤシ at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

考え中

木曜日のことについて考えたことや学んだことをメモしておきます。

木曜日は、とある方のお別れ会でした。
こちらに来てすぐ知り合ったとある方が、故郷の方に
戻られることになったのですよね。
この方はとても人柄がよくて、楽しい感じの人でした。

金曜にはカラオケでも、という話もあったのですが、
時間的な都合もあって、木曜日が最後となりました。
淋しくなりますが、まぁ、しょうがないことですね…。
出会いがあれば、別れがあるのは必然ですし。

また、上海に来るということは、いずれは、上海から
去るということでもありますよね。
自分もいずれ去る時がくるから、その時までに悔いのない
ようにやっていこうと思いました。

貿易について。
聞いたところ、原価の数%〜十数%が儲けだそうで、
結構少ないそうです。
つまり、多くの量を取り扱わないと、十分な金額に
ならないみたいですね。

また、国同士で決められた輸出量の規定があるみたいですね。
そこで、商売が左右されることもあるようで、なかなか厄介
な印象を受けました。

キックバックについて。
これは、やはりあるみたいですね。
工場にいって商品を注文するとき、これがあなたの分ですよ、
という感じで渡されるように見受けられました。
これは、受け取る人もいれば、受け取らない人もいるようですね。
私は、みんな普通に受け取るものだと思ってました…。

とあるビジネスをやっている人が、最近は仕事が順調そうに
推移しているように見受けられました。
頑張ってやってらっしゃるみたいですね。
素晴らしい。
自分と年齢はほぼ一緒なのですが、こういう人が目の前に
いることに、驚きを覚えないでもないですね…。
やればできる、というのを目の当たりにした気がします。

貿易をやっている人で、英語ができる人がたくさんいるみたいですね。
先日、不動産関連で有名な藤山さんの本(第二段の本)を読んだ
のですが、藤山さんは、中堅会社で商社をやってらしたようで、
この本の中でも、貿易をやるなら英語は必須だ、といったことが
書いてありましたね。

そういえば、自分より全然若い人なのに、日本語もできるし英語も
できるという人が結構いるのに驚きます。
人間、やればできるものなんだなぁ、と思ったりしてしまいました。

藤山さんが、競売不動産用のタネ銭の1000万円を
1年で作り上げたのも、結構な驚きでしたけどね。
この方は、決めたことを実現する能力が高いのではないかと
思ってしまいましたね。
宅建の勉強で、教科書を50回読み直しただけというエピソードを
みても、普通じゃない感じがしますし。

ちなみに、藤山さんの第二番目の黄色本は、かなり良いですね。
藤山さんのいろんな智恵や経験が凝縮されてたっぷりと
詰まっているように思いました。

自分の今の現状は、やはり、会社の恩恵をかなり受けていますね。
周りのいろんな方の話をきいて、自分の現状に対する理解が
少し進んだ気がしました。
posted by コバヤシ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

学び

夜にいろんな方達と話ができました。
自分の立場や、周りの人たちの状況などを
いろいろと学びました。

資産構築に精を出すのも良いですが、それ以外の大事だと
思われる事柄についても、少しずつでもいいので頑張って
いきたいと思いました。

楽しくて、かつ、謙虚な気持ちにさせて頂いたひとときでした。
どうもありがとうございました。

一言で言うと、人間力をきちんとつけましょう、ということですね。
自分はまだまだ分かってない部分が多いですね…。
そこに気づく努力をしていこう…。

なんかですね、見えてないんですよねぇ…。

また、どんな仕事にも大変な面は、多いにあるみたいでね。
やはり、自分だけが大変だと思っている内は、まだまだなようです。

世の中そう甘くはないから、メタな視点で自分の状況や周りの状況を
きちんと見つつ、頑張っていきましょう。


株。
1、成長性
2、ボラタリティ
3、妥当性
こういうことじゃなかろうか。
成長株で高PERな銘柄が、成長性にかげりがでたら、
1,3が下げるのでダブルパンチとなり、株価は
えらい下げますよね。

逆に、今後の成長性の伸びと、低PERで割安な
銘柄なら、ダブルでの株価の上昇が期待できて、
えらく儲けますよね。
狙うは、やはりここですかね。

そんな都合の良い銘柄あるの?、と、以前の自分は
思ったりしてたのですが、今は、ありますとはっきりと
言えると思っています。
ただし、上げるまでには時間はかかりそうですけどね…。
まぁ、どこかで代償は払わないといけないのでしょう。
きっと。
posted by コバヤシ at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。